【カーオーディオの音質アップ】まずはオーディオシステムを見直そう

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

カーオーディオの音質をアップさせたいのですが、何からやったらいいかわかりません。
高音質にする具体的な方法を教えてください

このような疑問に答えます。

この記事を書いている私は、学生の頃から自動車が好きで、特にカーオーディオが好きでよく自分で車いじりをしていました。
そんな、カーオーディオDIY歴10年の私が、サウンドシステムを見直すことで、あなたのカーオーディオの音質を向上させる具体的な方法を詳しく解説します。

そもそも、いい音・音質とは?

CDやスマホなどの音楽プレーヤーに収録されている音源を、忠実に再現・再生できることを、ここでの「いい音質」の定義とします。

というのも、一概にいい音質というと、人それぞれ音楽の好みが異なり、混乱すると思ったからです。
例えば、女性ボーカルのような高音域が強調されているのが好きな人もいれば、ベーズやドラムなどの低音域が強調されているのが好きな人もいます。

ここでは個人の好みは別として、CD等に収録されている「生の音」をいかに忠実に再現できるかというところを「いい音質」ということにします。

カーオーディオ音質アップの切り口

カーオーディオの音質を向上させる切り口はいくつかありますが、代表的なところをまとめますと下記です。

音質アップの切り口

✔︎オーディオシステムの見直し ←最初にやるべき改善
✔︎DSPの導入
✔︎プレイヤーの交換
✔︎スピーカーの交換
✔︎パワー・アンプの導入

オーディオシステムの見直し

音質向上を狙いたいのなら、まずオーディオシステムの見直しをしてください。
あなたの車が完全に純正の状態でしたら、下記のようなオーディオシステムになっていると思います。

サラウンドシステムの例(引用:Pioneer carrozzeria DEQ-1000A 調整画面)

最終的に目指すオーディオシステムは下の写真のような「マルチサウンドシステム」です。

マルチサウンドシステムの例(引用:Pioneer carrozzeria DEQ-1000A 調整画面)

カーオーディオのシステムには大きく分けて2つの種類があります。

✔︎ サラウンドシステム
✔︎ マルチサウンドシステム

サラウンドシステムとは

サラウンドシステムとは、下の写真のような構成の車のことを挿します。
音楽系のオプションとかを特につけていない車でしたら大抵このようなシステムになっているのではないでしょうか。

サラウンドシステムのメリット

✔︎臨場感のある音楽を聴ける
✔︎車に乗っている全員がある程度よく聞こえる

このようなメリットがありますが、簡単に言えば映画館のようなシステムとなっています。
ただ、車に乗っていて臨場感が必要なケースって実はあまりないです。
というのも、映画館のようなサウンドを手に入れられたからと言って、運転しながら映画を見るわけにもいかず・・・。
車にいる時って、ほとんどの時間、運転していますよね。なので、車でサラウンドシステムを極める人は少数派です。

マルチサウンドシステムとは

マルチサウンドシステムとは、下の写真のような構成の車のことを挿します。
一部の車種では採用されていることもありますが、全体的には少数派です。

マルチサウンドシステムのメリット

✔︎ボーカル・楽器の場所や音の広がりが体感できる
✔︎運転席の目の前で演奏しているかのような体感できる

このようなメリットがあり、簡単な例だと、自宅のホームオーディオ(ミニコンポー、や各種スピーカー、イヤホン、ヘッドホンなど)のようなシステムになっています。
家で音楽を聴く時って、ホームオーディオがある家庭なら、左右2つのスピーカーが置かれていて、プレイヤーで再生して聴いていると思います。
イヤホンで音楽をよく聴く人なら、左右2つのイヤホンを耳に入れて聴いていると思います。
そんなイメージです。

マルチサウンドシステムにして、しっかり音響調整を施した車の場合、ボカールがあたかも目の前にいて歌っているような、そんな錯覚になります。

というわけで、上記のような理由で、音質UP=マルチサウンドシステム化、をしている人が多数派なのです。

マルチサウンドシステム化の具体的方法

もしあなたカーオーディオ初心者でしたら、まずは2WAYマルチシステムを作ることを目標にしましょう。

最低限必要なものは下記です。

2WAYマルチシステムに必要なもの

✔︎DSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)付きメディアプレーヤー
✔︎スピーカー(セパレート式スピーカー)

DSPの調整で高音質化を目指したい人は下記リンクからどうぞ。

DSPは取り付けて終了ではなく、しっかり調整して初めて「いい音質」が得られます。
具体的なDSPの音響調整方法は上の記事で詳しく紹介していますので、是非参考にしてみてください。

また、スピーカーの購入を検討されている方は下記のリンクへどうぞ。

上記を導入することで、格段にあなたの車の音質アップが期待できると思います。
ちなみに私の今の車は、2WAYマルチシステムを構築して音楽を楽しんでいます。
前の車はもっとすごいことをしていましたが、大人になって少し落ち着いて感じです・・・。
といっても、2WAYマルチシステムで十分な高音質を手に入れられますのでおすすめです。

さらにシステムアップにより音質向上を図りたい人は下記も購入をおすすめします。

✔︎パワーアンプ
✔︎サブウーファー

パワーアンプの購入を検討中の人は下記リンクへどうぞ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

車内のオーディオで「いい音質」を実現させるには、まずはオーディオシステムの見直しが必要です。
マルチサウンドシステム」を導入すれば、格段に音質向上が見込めると思います。
具体的には「2wayマルチシステム」を構築することで、異次元の音質を体感できると思いますので、興味をもたれた方は、是非やってみてはいかがでしょうか。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!