【生産技術はきつい?】経験者が語るつらい現状を劇的に変える簡単な方法とは

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術職の仕事はどこもきついのでしょうか?
きつくて耐えられない場合の対処法があれば教えてください。

このような疑問に答えます。

結論から言うと、生産技術の仕事はきつい仕事だと思います。
この記事を読んでいるあなたも、同じように感じているはず。
ここで重要なのは「生産技術はきつい」という事実を受け止めて、今後どう行動していくかを考えることです。
この記事では、7年間で3工場を経験した私の体験をもとに、生産技術の仕事がきついと言われる理由や耐えられない時にとるべき簡単な対処法について詳しく解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術職がきついと言われる理由【体験談】

私自身、生産技術の仕事を続けて7年になります。その間、3つの工場を経験してきたのですが、生産技術には「生産技術なりのきつさ」があります。

今回は実体験から感じた生産技術ならではのきつさを下記のように紹介していきます。

生産技術職がきついと言われる理由

✔️ 残業が多い
✔️ 休日出勤が多い
✔️ 休み中でも電話が鳴りトラブル対応
✔️ 危険な仕事が多い
✔️ 汚れ仕事が多い

残業が多い

生産技術職がきつい1つ目の理由は、残業量が多いということです。

というのも、大規模な設備を持っている古い工場だと、設備がボロボロで修理すべきところが多かったり、操業における課題が多かったりと、何かと対応しなければならない仕事が多いからです。

例えば、私が最初の工場での残業記録は下記のような感じでした。

最初の工場での残業記録

MAX:80時間/月程度
平均:40時間/月程度
※サービス残業含まず
※1日2~4時間程度の残業量

このような古い工場で生産技術をしていた時期は、繁忙期で25時までの勤務が10連勤ほど続いたこともありました。正直、体力が持ちませんので気合で頑張りました。同じ部署内では体調を崩す方もいらっしゃいました。

このように生産技術の仕事は体力的にきついと言えるでしょう。

休日出勤が多い

生産技術の仕事がきつい理由の2つ目は、休日出勤が多いということです。

なぜなら、休日の工場の生産が止まっているときに、設備メンテナンスなどの仕事をする必要があるからです。

例えば、私の会社の場合、月に平均2〜3回くらいの休日出勤があります。もちろん工場や担当者によって状況は異なりますが、多い人は毎週土日出勤する方もいます。

特に、24時間フル稼働の工場の場合、「定期修繕期間」を設けているところがあります。

定期修繕期間(いわゆる定修)

1年に1回、1週間程度の工場全停止にする期間のことで、停止している期間に、日ごろ実施できない設備のメンテナンスや修復工事を実施したり、日ごろ確認できない設備の内部の点検をしたりします。

この定期修繕期間中は、工場で生産ができない(⇒お金を生まない)期間なので、休日を返上してみんなで協力して仕事を行います。このとき、工場の設備を担当している生産技術職は休日出勤をしなければいけません。

友人や家族、恋人との時間を合わせられないことが多くなるため、プライベートが充実しにくいというきつさがあります。

休み中でも電話が鳴りトラブル対応

生産技術の仕事がきつい3つ目の理由は、休み中でも電話が鳴りトラブル対応しなければならないことです。

というのも、工場でトラブルが発生した場合、現場の作業者がまずは対応するのですが、対応しきれなかった場合、設備や技術の専門家である生産技術に連絡が来るからです。

例えば、24時間稼働の工場の場合、夜中でも生産設備は動いていますので、少しでも停止すればそれだけで損失が出てしまいます。電話口で対応し復旧すればラッキー。それでも、設備が動かないときは、夜中でも出社しトラブル対応をしなければなりません。

家でゆっくりしているときに携帯が鳴るといつもドキッとしますし、心臓に悪いです。

このように、休みの日でも急に仕事に対応しなければならない場面が出てくるので、人によっては休みたくても休めないことにもなりかねません。これは精神的にも体力的にもきついです。

危険な仕事が多い

生産技術の仕事がきつい理由の4つ目は、危険な仕事が多いことです。

というのも、設備を改造したり、設備の部品を交換したりする「作業」が伴う業務が多いためです。常に怪我をするリスクがあり危険と隣り合わせです。

例えば、部品の交換作業では手を切ったり挟んだりする可能性がありますし、部品交換後の試運転では整備した設備が正常に動くかどうか設備の近くで目視確認するため、動く設備に巻き込まれる可能性もあります。

このように、自分の身が危険に侵されるリスクが高いことから、生産技術の仕事はきついと言えるでしょう。

また、作業を業者に委託するケースも多々あります。その際は、業者の作業員の方を危険にさらすことになりますので、作業前の入念な作業計画と危険予知(KY)が不可欠となります。

汚れ仕事が多い

生産技術の仕事がきつい理由の5つ目は、汚れ仕事が多いことです。

なぜなら、現場で作業をする機会の多いためです。生産技術の仕事をしていると、服や体が汚れることは日常茶飯事です。

例えば、機械油やホコリだけならいい方で、工場によっては危険な薬品や異臭・粉塵の伴う環境での作業もあります。

私が以前働いていた工場では硫酸を扱っており、作業中に硫酸が服に付いたりしていました。硫酸で汚れるのは極端な例だとしても、現場作業の多い生産技術の仕事は確実に汚れる仕事です。

このように、汚れることが本当に嫌いな人にとってはきつい仕事と感じるでしょう。

すぐにできる対処法:働く工場を変えよう

あなたが今現在、生産技術の仕事をしていて、「きつくて耐えられない!」と感じているなら、働く工場を変えることが最も良い対処法になるでしょう。

このように説明する理由は、生産技術の仕事は工場の種類によって働く環境がかなり異なるからで、今より良い環境が絶対にあるからです、

実際に私はこれまで3つの工場を経験してきましたが、工場によって働きやすさはかなり異なりました。

このような私の実体験に基づいて、下記について解説していきます。

きつさをなくす具体的な方法

✔️ きつくない工場の選び方
✔️ 働く工場を変える具体的な方法

これらを実践したことで、私は生産技術の仕事がきつく感じなくなりましたし、働きやすさが改善されて、成果も上がるようになりました。効果は人によると思いますが、今よりきっと改善していくはずです。

ちなみに、私の生産技術職として奮闘した7年間の体験談を知りたい方は下記記事からどうぞ。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び

きつくない工場の選び方

結論から言うと、私が以前に働いていた工場で働きやすい工場は新しく清潔感のある工場でした。一方で、大変な工場は古く汚い工場でした。

古い工場の仕事がきつい理由は、設備の老朽化が進んでいて、設備メンテナンスや修繕の頻度が増えるため、生産技術の仕事が多くなるからです。

きつい工場は鉄鋼メーカーや製錬所

例えば、私がこれまでにきついと感じた工場は、鉄鋼メーカー・製錬所などの、大規模設備を持ち歴史が長い工場です。こういった工場で仕事をしていたときは、設備がボロボロのためトラブルが頻発に発生していました。その都度、残業や休日対応をする日々でした。

きつくない工場は製薬・化学メーカー

一方で、私がきつくないと感じた工場は、製薬・化学メーカーなどの、新しめの工場です。こういった工場では、設備のメンテナンスは計画的に実施されており、設備・操業の不具合も多くありませんでした。そのため、そこまで急務の仕事がなく、仕事量は少なかった印象です。

ちょっとはぼーっとする時間もありますし、勤務中に休憩もちゃんと取れますし、定時にすんなり帰れることもしばしばありました。

「キレイで清潔感のある工場」を選ぼう

このように、勤務する工場によって、同じ生産技術の仕事でも業務のボリュームが全く違うことを経験しました。ポイントは「キレイで清潔感のある工場」を選ぶことで、今のきつい労働環境から理想の働き方を手に入れられるかもしれません。

働く工場を変える具体的な方法:転職か部署異動

働く工場を変える具体的な方法としては、下記の2つがあります。

働く工場を変える具体的な方法

✔️ 他社への転職
✔️ 社内での転職(部署異動)

それぞれメリット・デメリットをまとめると下の表のような感じです。

働く工場を変える方法メリットデメリット
他社へ転職・人間関係をリセットできる
・新しい知識に触れられる
・前社の技術が活かせない可能性がある
・人脈を一から作る必要がある
社内転職・社内で習得した技術を活かした仕事ができる
・社内で得た人脈を引き続き活かせる
・異動できる他の生産技術部門があることが条件(小さい会社ではムリ)
働く工場を変える方法とメリット・デメリット

ちなみに私の場合は、社内転職を選びました。理由は、私の勤める会社は幸い大企業で、全国各地に工場が点在しており、異動先の候補があったからです。私はキレイな工場へ移れたことで、休日出勤や残業がなくなり、働き方をかなり改善することができました。

一方で、あなたの会社に異動候補となる工場がない場合は、他社への転職しかないでしょう。転職と言うと一見難しそうに思えますが、生産技術職は一般的に転職しやすい職種と言えます。

まずは転職サービスに登録して、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

>>>【生産技術職が転職しやすい理由】実現可能なキャリアパスと転職先

きついだけではない!生産技術職の魅力とは?

きつい生産技術の仕事ですが、辞めずに続けている人が多いのも事実です。

その理由は、生産技術の仕事はただきついだけではなく、魅力的な部分もあるからです。そこで、生産技術職を7年間続けてきて感じた魅力を紹介します。

生産技術職の魅力

✔️ 年収が高め
✔️ 他職種・他業種に活かせるスキルが身に付く
✔️ 社内の人脈が広がる

年収が高め

生産技術の仕事の魅力の1つは、年収が高いことです。

なぜなら、良くも悪くも残業や休日出勤が多めなので、時間外手当を多くもらえるからです。

そのため、生産技術がきつい理由である残業と休日出勤の多さは、稼ぎたい人にとっては魅力的なポイントです。

特に大企業の生産技術職の場合は、基本給が平均より高い上に時間外手当も高いためがっつり稼ぐことが可能です。

所属する会社の規模によって、同じ生産技術の仕事でも給料がかなり変わってきますので、将来的に生産技術職を続けていきたいなら、今すぐにでも大企業への転職・キャリアアップを検討するべきでしょう。今行動しないと生涯年収に大きな差ができてしまいます。

>>>【生産技術職の年収は?】現役社員が語る年収アップするための意外な方法とは?

他職種・他業種に活かせるスキルが身に付く

生産技術の仕事の魅力2つ目は、他職種・他業種に活かせるスキルが身に付くことです。

なぜなら、生産技術の仕事では製造業の本質を学ぶことができるからです。

生産技術の仕事は、生産プロセス・設備・生産ラインなど工場内のあらゆる知識を使わないと成り立ちません。そのため、生産技術の仕事を続けていくことで自然と工場の生産の仕組みが理解できます。

得られたスキルは同じ工場内の異なる職種でも活用できますし、転職して業種が変わっても通用するスキルです。このように、生産技術職は潰しが効く職種であるのは魅力的な部分です。

>>>【生産技術職が転職しやすい理由】実現可能なキャリアパスと転職先

社内の人脈が広がる

生産技術の仕事の魅力3つ目は、社内の人脈が広がることです。

なぜなら、生産技術職は他部署の人と関わることが多いからです。

例えば、研究部門や製造部門の人と一緒にプロジェクトを進めていくことが多いです。普段から研究や製造の人の話を良く聞き、論理的に仮説を立てて説明し、人を動かしていくという仕事を繰り返していくため、必然的に他部署の人と仲良くなれます。

このように、社内の多くの人と仕事で関われて、社内での影響力を上げられることで、将来的に出世・昇格にもいい影響を与えられます。

このように、社内の人脈を広げられるのは、生産技術職の魅力でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私が実際に経験した生産技術の仕事のきつい理由は下記です。

生産技術の仕事がきついと言われる理由

✔️ 残業が多い
✔️ 休日出勤が多い

✔️ 休み中でも電話が鳴りトラブル対応
✔️ 危険な仕事が多い
✔️ 汚れ仕事が多い

このようなきつさに悩んでいる方は、今働いている工場から「キレイで清潔感のある工場」に変えることで、働き方をいい方向に改善することができるでしょう。

工場を変える具体的な方法は、下記表のの2つです。実現可能性の高い方を選ぶようにしましょう。

働く工場を変える方法メリットデメリット
他社へ転職・人間関係をリセットできる
・新しい知識に触れられる
・前社の技術が活かせない可能性がある
・人脈を一から作る必要がある
社内転職・社内で習得した技術を活かした仕事ができる
・社内で得た人脈を引き続き活かせる
・異動できる他の生産技術部門があることが条件(小さい会社ではムリ)
働く工場を変える方法とメリット・デメリット

工場を変えることに成功すれば、キャリアアップ・ワークライフバランス・年収アップを手に入れられるかもしれません。

今行動しなければ現在の状況は定年まで大きくは変化しないでしょう。あなたの充実した将来のために一歩踏み出してみてはいかがでしょう。

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!