【新型ルーミー】マイナーチェンジ前との大きな違いは安全性能改善

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

トヨタ ルーミーマイナーチェンジして新型が発売されましたが、実際のところどこが変更されて改善されたのでしょうか?
詳しく教えていただけませんか?

このような疑問に答えます。

先日トヨタルーミーのマイナーチェンジモデルの発売が発表されました。
私は約3ヶ月前に先代のタンク(ルーミーの姉妹車)を購入しましたので、どこが変更になって改善されたのかをユーザー視点で解説していこうと思います。

先代ルーミーとタンクは新型ルーミーに統一

トヨタにはルーミーの他にタンクという姉妹車がいました。
トヨタによくある内装・スペックは同じだけど、車種名と外観が異なると言うものです。
先代のルーミーとタンクの写真を下に載せておきます。

しかし、今回のマイナーチェンジでタンクという車名は廃止になり、ルーミーの1車種のみとなりました。
しかし、タンクの面影が完全に消えたわけではなく、新型ルーミーのカスタムグレードには先代ルーミーをモチーフとした外観で、新型ルーミーの非カスタムグレードにはタンクの外観を採用しています。
タンクに乗っている身としてはタンクの方がルーミーより劣っている感じがしてちょっと嫌ですが、好みを自分で選べるようになっているのでいいと思いました。
ルーミー顔はキリッとして整った感じの顔が好みの人、タンク顔はアグレッシブで厳つさを求めたい人が、自分の好みに合わせて選ぶといいと思います。

大きな改善点は運転支援機能と衝突防止機能の向上

今回のマイナーチェンジで大きく改善されたところは安全性能の部分です。
逆にそれ以外の変更点はほとんどないです。
エンジンのスペックも同じ(少し燃費が向上したらしい)だし、内装も細かなデザインや色味の変更のみとなっています。
それでは大きな変更点についてそれぞれ見ていきましょう。

運転支援機能

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール/停止保持機能あり)が装備されました。
以前のマイナーチェンジ前では、クルーズコントロール機能は付いていましたが、前の車に追従するような機能はありませんでした。
クルーズコントロール機能のみだと、前の車が遅い場合、自分でブレーキを踏んで減速をする必要があり、改めてクルーズコントロール機能を使いたい場合は再設定する必要がありました。
しかし、今回の改善で速度設定すれば前の車の車速に応じて加減速が可能となりました。
この機能の改善によって、高速道路を多用する人にとってはだいぶ快適なドライブができると思います。

衝突防止機能

衝突警報機能(対車両・対歩行者[昼夜])に加えて、衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者[昼夜]の機能が強化されました。
以前のマイナーチェンジ前では、衝突警報システム(障害物への衝突の可能性を検知した時ブザー音で危険を知らせてくれる機能)と衝突回避支援ブレーキ機能(障害物にぶつかる危険を検知した時自動で弱いブレーキがかかる機能)はもともと搭載されていました。
しかし、今回の改善で緊急ブレーキが新たに搭載されました。
衝突の危険がすぐ目の前に迫っていると判断された時、自動的に急ブレーキがかかる仕組みです。
万が一衝突が避けられない状況に遭遇してしまった場合、衝突のリスクと被害を最小限に抑えてくれる機能です。
自分や同乗者の身を守るためには是非とも必要な機能だと思います。

その他変更になったところ

その他、今回のマイナーチェンジで細かな変更が行われています。
個人的に気になったところをピックアップして紹介していきます。

G以上のグレードにLEDヘッドランプを採用

G以上グレードにLEDヘッドランプが搭載されました。
マイナーチェンジ前は下位グレードの非カスタムグレードではハロゲンランプの仕様でした。
ハロゲンランプは暖色のヘッドランプで、視認性はいいですが少し暗い印象と見た目の印象(LEDの白い光のほうがかっこいい)に課題がありました。
この改善によって、どのクレードを選んでも見た目のかっこよさと夜間の視認性の向上を実現させてくれいいます。

カスタムグレードのアルミデザイン変更

カスタムグレードのアルミホイールデザインが変更になっています。
マイナーチェンジ前は、ちょっと太めなダブルスポークの15インチホイールでしたが、今回の変更で細めの(フィンよりの)スポークホイールになりました。
よりカッコよく洗練された印象で、スポークが細い分15インチがより大きく見える視覚効果も与えてくれます。

約40,000円ほど価格アップ

全体的に車両価格が上がっています。
値段で言うとカスタムGTのグレードで先代の200.2万円から204.6万円へプライスアップです。
まあマイナーチェンジの改善モデルですので多少の価格アップは我慢しないといけないですね。
4万円そこらで上記の安全装備が手に入るのなら安いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のマイナーチェンジで見た目こそ大きな変化はないものの、デザインは洗練されたし安全装備もより充実したので正当進化と言えるのではないでしょうか。
マイナーチェンジということで、マイナーチェンジ前のトラブル関係はいろいろと改善されて煮詰まっていると思われるので、もし購入を検討しているのならば狙い目かもしれません。

私が購入したタンクのレビューも参考になるかもしれないので、もし良ければ確認してみてください。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!