【日産新型フェアレディZ】ダサイと感じてしまったクルマ好きの感想

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

2020年9月16日に新型フェアレディZのプロトタイプが発表されました。
感想を教えてください。

このような疑問に答えます。

この記事を書いている私は車趣味歴約10年。
昨日、新型フェアレディZのプロトタイプが日産から発表されました。
現行のZ34が発売された2008年から約12年が経ってのフルモデルチェンジです。
Z34は車好きの私も所有したい車の1つでした(最終的にV36スカイラインクーペに落ち着きましたが・・・)。
現在発表されている情報から、車好きの視点でいろいろと考察していきます。

新型フェアレディZプロトタイプをクルマ好き視点で考察してみた

こんなツイートをしました。

https://twitter.com/ayatoy93/status/1306539435794657280

今回は新型フェアレディZについてです。

エクステリアは個人的にはダサイ・・・

今回の新型フェアレディZのイメージカラーである黄色は非常にフレッシュで良かったのですが、フロントとリアのデザインが個人的には好きではありませんでした。
Z34が好きだったゆえに、今回のモデルチェンジには非常に残念です。

デザインが好みではない理由は、まずフロントグリルです。真四角に大きく開いたグリルはおそらく冷却性能を高めるためだと思われますが、もう少し凝っても良いのでは?と思ってしまいました。
また、最近のカーデザインのトレンドとしてグリルの大型化がありますので、そうした時代の流れに乗った感じもします。
あと、先代のZ34もカエルっぽい顔だと思っていましたが、より一層(悪い方に)変えるっぽさが増した気がします。

また、リアのデザインですがこれも微妙ですね。新型フェアレディZのデザインは全体的に初代S30のデザインを踏襲しているらしいのですが、リアのデザインは特に大きく初代からインスパイヤされています。
ただ、モチーフにするのは良いとは思うのですが、何か新しさが足りないようなそんな印象を受けてしまいました。

私が感じた感想としては以上ですが、初代S30フェアレディZのデザインを意識しすぎてしまい、新しさをうまく表現しきれず、中途半端なデザインになってしまったのだと感じました。
ただし、デザインに関しては個人の好き嫌いがあると思いますので、中にはかっこいいと感じる人もいると思います。
一応今回の発表は「プロトタイプ」とのことなので、市販されるまでには多少の変更があるかと思いますが、おそらくこのまま発売されるものと思われます。

インテリアは近未来的で良い!

エクステリアはダサイと言ってきましたが、内装に関してはより近未来的に進化したなと言う印象でした。

まず内装を見ていきましょう。
初めに飛び込んでくるのはセンターコンソールに鎮座している大型モニターです。
最近の新型車はモニター画面がどんどん大型化していき、ナビ操作性や視認性が向上していて良いと思っていたので、これは良いと感じました。
またメーター周りはフルデジタルモニターとなりました。
これも近未来的で非常に良いと感じました。
その他、内装のデザインはより一層高級感が増した印象です。
シートの黄色のステッチもワンポイントあって良いと思いました。

ブレーキユニットはブレンボ採用か?

発表された写真をよく見ると、先代Z34の曙ブレーキ製のものより一回り大きいキャリパー・ローターが付いているのがわかります。
R35GTRのものに非常に似ていることから、R35のブレーキユニットがそのまま今回のフェアレディZに採用されるのかもしれません。
ただ、今回の発表はあくまでプロトタイプなので、実際の市販車には先代と同じ曙ブレーキが採用されるかもしれません。
またはもう少し小さいサイズのブレーキになるかもしれません。
個人的には大型ホイールには大型ブレーキのほうが似合うと思うので、R35のブレーキを採用してもらいたいところです。

エンジンスペックはV37スカイラインと同様のラインナップになるか?

ピュアスポーツとして発表されたフェアレディZですので、エンジンのスペックも気になるところです。
今回のプロトタイプではV6ツインターボとのことですので、おそらく現行V37スカイラインのエンジンラインナップに似たような仕様になるのではないかと思います。
ただ、フェアレディZにハイブリッドエンジンの採用はないと思いますので、スカイラインV6TURBOの300馬力仕様V6ツインターボエンジンか、400Rの400馬力仕様V6ツインターボエンジンのいずれかになるのではと思います。
現行のZ34のエンジンはV6自然吸気のラインナップのみだったため、2種類のエンジンになることはないと思っていますが、わかりません。

まとめ

フェアレディZは日産のピュアスポーツに位置づけられる車ですので、スペックや運動性能が良いことは前提条件になると思います。
しかし、外観のデザインもスポーツカーの重要な要素であると思います。
その点、今回のプロトタイプは初代のフェアレディZのデザインを参考にしすぎたためなんだか中途半端な外観になってしまったような気がします。
個人的にはもっと未来的な新しさをデザインに加えて欲しかったです。

ただ、まだ発売が決まったわけではないので、どんな出方をするか様子を見てみることにします。
このまま発売されるとしても、マイナーチェンジで大型なデザイン変更をしてくれることを願っています

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!