【製造業の職種とは?】具体的な仕事内容と向いている人の特徴を解説

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

製造業の会社にはどんな職種の仕事がありますか?
また、どんな職種が自分にあっているか知りたいです。

このような疑問に答えます。

製造業の仕事に興味があっても、具体的にどんな職種があるのかわからない人も多いと思います。
就職活動している方にとっては、製造業の職種を理解することは、製造業の会社を理解するために重要なことです。
この記事では、製造業メーカーで6年間勤務する私が、製造業の職種について詳しく解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

そもそも製造業とは?

製造業とは、ある製品を自社の工場で量産して販売することをビジネスとしている会社・業種のことをいいます。
多くの製造業の会社が日々便利な製品を世に送り出しているため、私たちは便利な暮らしをあたりまえのようにできています。
たとえば、あなたが今使っているスマホも製造業の会社で製造された製品の1つです。
スマホ以外にも、部屋の証明やテーブル、テレビといった電化製品すべて製造業で作られています。
そのため、製造業は私たちが便利な生活を送るためには必要不可欠な会社なのです。

製造業の職種の主な仕事内容・向いている人

製造業の職種は、主に3つに大別できます。

製造業の職種

✔︎ 技術系の職種(研究・開発、生産技術、設備保全、製造、品質管理)
✔︎ 作業系の職種(作業オペレーター)
✔︎ 事務系の職種(人事、経理、営業)

また、これら3つも細かい職種に分類することができます。
それら職種について、主な仕事内容と向いている人の特徴を紹介していきます。

技術系の職種

技術系の職種は、専門的な知識や技術を使って仕事をする職種です。
主に、理系大学・大学院・高専を卒業して、基本的な科学の知識を習得している人が仕事をすることができます。
就職する会社の業種によっても使える専門知識が異なってきますが、機械・電気・化学の基礎が身についていれば問題ないでしょう。

また、技術系の職種は同じ会社の他の職種よりも、一般的に給料が高めとなります。
なぜなら、専門的な知識を使った仕事となるため、会社に対して大きな利益を生みやすい職種だからです。
たとえば、ものすごい高性能な製品を開発して大きな売り上げにつながれば会社が潤います。
そういった意味で、製造業の中でも、技術系の職種は重宝される傾向にあります。

それでは、具体的な職種について解説していきます。

研究・開発

研究・開発の仕事は、新しい製品・商品を開発するために様々な研究や検証・実験を行う仕事です。
具体的には、世の中から要求されている機能やスペックを持った製品を試行錯誤しながら作っていきます。
たとえば、より強度のある材料を開発するために、材料に配合する成分の量を変更する試験を行なって、目標の材料に近づけていきます。

研究・開発の職種に向いている人は、下記のような人です。

研究・開発の職種に向いている人

✔︎ 現象を仮説を立てて論理的に考えることができる
✔︎ 目標に対する粘り強さがある

研究・開発の仕事は試行錯誤の連続なので、目標までの道のりは失敗ばかりです。
そのため、うまくいかなくてもくじけないマインドと論理的施工能力が必要です。

生産技術(開発・設計)

生産技術の仕事は、開発された製品をいかに品質よく低コストですばやく生産できるかを考える仕事です。
具体的には、生産工程や生産プロセスを設計したり、生産設備を設計したりします。

生産技術の職種に向いている人は、下記のような人です。

生産技術の職種に向いている人

✔︎ 科学現象を見たり考えたりすることが好き
✔︎ 人と話したり議論したりすることが好き

下の記事で詳しく解説していますので、興味のある方はどうぞ。

設備保全

設備保全の仕事は、すでにある生産設備の保守・点検を行う仕事です。
具体的には、設備が故障しないように定期的に点検を行ったり、万が一故障やトラブルが起こった場合に修理の対応をしたりします。

設備保全の職種に向いている人は、下記のような人です。

設備保全の職種に向いている人

✔︎ 設備を自分でいじるのが好き
✔︎ 肉体的にも精神的にもタフな人

設備保全の仕事は、自分で設備を分解したり組み立てたりする機会が多いので、機械いじりが好きな人にはおすすめです。
ただ、仕事柄、休日でもトラブル対応しなければならない場合もあり、どんな状況でも動じないタフさが必要です。

製造

製造の仕事は、製品が計画通り製造されているか管理する仕事です。
具体的には、日々の製造計画にのっとり計画的に生産ができているか確認を行います。
また、オペレーター(作業者)が計画通りに作業を完了させているかの確認も行います。

製造の職種に向いている人は、下記のような人です。

製造の職種に向いている人

✔︎ 現場作業のおっちゃんとしゃべるのが好き
✔︎ 製品が作られる過程を見るのが好き

作業オペレーターを管理する仕事なので、現場のおじちゃんとの絡みが多くあります。
年配の方と話すのが得意な方にはおすすめです。

品質管理

品質管理の仕事は、生産された製品が目標の品質を満たしているかを確認・管理する仕事です。
具体的には、設計どおりのサイズで製品ができているか、汚れがついていないか、などを検査しています。
もし、品質にトラブルがあった場合、生産ラインを止めるなど、その時々によって然るべき措置を行い、顧客へ不良品が渡らないよう努めます。

品質管理の職種に向いている人は、下記のような人です。

品質管理の職種に向いている人

✔︎ 几帳面で細かいチェックができる
✔︎ 出来上がった製品を眺めるのが好き

品質管理では製品のいくつもの品質項目を検査しデータ集計します。
不良を見逃すことなく膨大なデータをチェックできる能力が問われます。

作業系の職種

作業系の職種は、大きなくくりでは作業オペレーターのみになります。
しかし、作業オペレーターの仕事の中にも、工場によって様々な作業があります。
求人サイトには、作業内容も記載された募集要項がありますので、それを参考にあなたの好きな作業を選ぶといいと思います。

作業オペレーターの仕事は、専門的な知識をほとんど使用しないので、就職して作業自体を覚えてしまえば、誰でも業務を行うことができます
一方で専門性がないため、技術系職種に比べれば給料は低めになる傾向です。
ただし、作業オペレーターは工場では重要な役割を担っていて、作業オペレーターがいないと工場は回りません
そういった意味では、どの工場にも絶対に必要な人材と言えるでしょう。

また、出世スピードも遅い傾向にあります。
その中でも上へ登っていく人は、より考えながら作業できる人です。
たとえば、従来の作業を改善して時間短縮するとか、より安全にできる作業方法を提案するとか、生産性アップにつながる取り組みができると周りから認められ、業務成績が上がっていきます。

作業オペレーター

作業オペレーター(作業員)の仕事は、工場内の決められた作業を決められた時間内に安全に行うことが仕事です。
具体的には、重量物をクレーンで目的地まで搬送したり、製品を作る材料を設備の中に投入したり、作られた製品の不良状態をひたすらチェックしたり、と工場や担当する工程によって多種多様です。

作業オペレーターに向いている人は、下記のような人です。

作業オペレーターに向いている人

✔︎ 体力や単純作業に自信のあり、自分で手を動かすことが好き
✔︎ 頭で考える系の業務が嫌い

日曜大工やDIYが好きな人にはおすすめの職種だと思います。

事務系の職種

事務系の職種は、事務作業や技術業務以外の仕事全般を行う職種です。
中には、一部専門的な知識が必要な職種もありますが、基本的には入社してから業務をしながらスキルを身につける感じです。
大きな会社の場合は事務系の部門をいくつか構えていますが、比較的小さな会社だと事務系として採用されて事務系職種全般の仕事を行う場合が多いです。

それでは、具体的な職種について解説していきます。

人事

人事の仕事は、主に人材を扱う仕事です。
具体的には、就職者の採用活動を行ったり、社内の教育・研修を企画したりします。
ときには、従業員の悩みを聞いたりと、従業員一人ひとりのキャリアに寄り添った業務を行います。

人事に向いている人は、下記のような人です。

人事に向いている人

✔︎ 人に興味があり、観察眼の鋭い人

人事の仕事は人をよく見て分析する機会が多いです。
人をよく見ていろいろな情報を読み取れる人は人事に向いていると思います。

経理

経理の仕事は、主に会社のお金を使う仕事です。
具体的には、日々の購入伝票の集計や売り上げ金の集計などを行います。

経理に向いている人は、下記のような人です。

経理に向いている人

✔︎ 数字に強く、几帳面で細かいところまで身が行きとどく人

毎日のようにお金の入力や計算を行います。
一桁間違うだけ会社の収支が合わなくなるリスクがあるので、冷静な作業ができる人には向いていると思います。

営業

営業の仕事は、自社の製品をお客さんへ売る仕事です。
具体的には、実際に自社製品を買ってくれそうなお客さんのところへ行って、商品のプレゼンや価格交渉などを行います。

営業に向いている人は、下記のような人です。

営業に向いている人

✔︎ 論理的な説明ができて、人当たりがいい人

信頼感を与えられるような人柄で、自社の製品のメリットをお客さんに合わせて理論的に説明できれば、営業職として十分に活躍できるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたにぴったりの製造業の職種を見つけられましたか。

製造業の職種

✔︎ 技術系の職種(研究・開発、生産技術、設備保全、製造、品質管理)
✔︎ 作業系の職種(作業オペレーター)
✔︎ 事務系の職種(人事、経理、営業)

それぞれの職種によって求められる能力や適性は大きく異なります。
あなたにとって向いていると思われる職種を選ぶことで、将来的なキャリア形成につなげることができると思われます。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!