全国の新幹線を完全チケットレスでお得に乗る方法【スマホだけでOK】

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

在来線を乗るときはSuica(交通系ICカード)をスマホに登録して使っていますが、スマホだけで(チケットレスで)新幹線を乗りたい場合はどうすればいいですか?
方法と注意点もあれば教えてください。

このような疑問に答えます。

私は地方在住なので日常的には電車や新幹線は使わないのですが、たまに使うのでSuicaをiPhoneに登録して使っていました。
先日、静岡から新潟に行く用事があって新幹線のチケットを購入しようとしたのですが、ふと「スマホだけで(Suica)で行けないか?」と思い立ちました。
結論としては、「スマホだけでいけるが注意点もある」ということに至ったので、これについて詳しく解説したいと思います。

スマホのみで新幹線に乗る方法

結論として、スマホのみで新幹線に乗ることは可能です。
ただし、JR東日本・西日本で異なる2つのサービスを使う必要があります。
具体的なサービスは下記に示す通りです。

スマホで新幹線に乗れるサービス

✔️ JR西日本:スマートEX
✔️ JR東日本:eチケットサービス(えきネット)

JR西日本の新幹線(東海道・山陽)を利用したい場合は「スマートEX」を使用することができます。
一方で、JR東日本の新幹線(北海道・東北・秋田・山形・上越・北陸)を利用したい場合は「eチケットサービス(えきネット)」を使用することができます。
ユーザーとしては統一してくれた方が楽でいいのですが、違う会社なのでやむをえないでしょう。
今回は浜松駅から東京経由で新潟駅まで行くルートを例に解説していきます。
それでは、それぞれのサービスについて紹介していきます。

JR西日本の新幹線なら「スマートEX」

スマホのみでJR西日本(東海道・山陽新幹線)を利用する場合は「スマートEX」というサービスを使いましょう。
まずはスマートEXのサービス利用方法から解説していきます。

「EXアプリ」の会員登録(無料)

まずは「EXアプリ」というアプリをダウンロードします。
その後、アプリの案内に従って会員登録(会員費無料)を行いっていきます。
各種登録(お客様情報、クレジットカード情報、交通系ICカード情報)をしていきます。
ここでクレジットカード情報とICカード(Suicaなど)の情報が紐付けられるので、スマホでの新幹線改札への入場が可能になるます。

「EXアプリ」で電子チケット購入

まずはEXアプリを開いてログインします。
予約するボタンを押して、出発日時と区間を入力し、検索ボタンを押します。
その後、乗りたい時間の車両を選択します。
今回は浜松から東京へ行きたいので画像のように設定しました。

次に、指定席・グリーン・自由席を選択していきます。

指定席を選んだ場合は座席を自由に選ぶこともできます。
券売機でチケットを購入する場合と何ら変わりありません。
最後に購入する電子チケットの情報と金額を確認して「この内容で予約(購入)する」ボタンを押して購入完了です。
購入完了するとメールが送られてきます。

注意点
スマートEXでは本人のみの利用に限られます
2人以上の利用の場合もチケット予約可能ですが、乗車前に券売機での発券が必要になります。

予約内容を確認したい時はアプリのホーム画面の「予約済み」ボタンから確認することが出来ます。

JR東日本の新幹線なら「eチケットサービス(えきネット)」

スマホのみでJR東日本(北海道・東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線)を利用する場合は「eチケットサービス(えきネット)」というサービスを使いましょう。
まずはスマートEXのサービス利用方法から解説していきます。

eチケットサービス(えきネット)の会員登録(無料)

まずは「えきネット」にアクセスして、新規登録(無料)をしていきます。
画面の案内に従いながら、こちらもスマートEX同様各種登録(お客様情報、クレジットカード情報、交通系ICカード情報)を行なっていきます。
ここでクレジットカード情報とICカード(Suicaなど)の情報が紐付けられるので、スマホでの新幹線改札への入場が可能になるます。

eチケットサービス(えきネット)で電子チケット購入

まずはえきネットにログインします。
ログイン直後のホーム画面を下にスクロールしていくと「JR券申込」ボタンがありますので押します。
次の画面で乗りたい新幹線の種類を選択します。
今回は東京から新潟に行きたいので上越新幹線を選択しました。

注意点
JR西日本の東海道新幹線と山陽新幹線も購入できそうですが、進んでいくとチケット購入しか出来ないようになっているため、スマホでのIC利用はできません。

乗車区間と日時を選択して次へいきます。
乗りたい希望の新幹線を選択するとフリップダウンで新幹線のチケットを選択できるようになります。

「eチケット」というのがスマホで新幹線を乗るための電子チケットになりますので、こちらを選択します。
次の画面で乗車人数と座席を選択できます。

注意点
2人以上の利用の場合は人数分の交通系ICカード(Suicaなど)を登録しておく必要があります。

チケットの内容を今一度確認したら「以上の内容で申込む」を押して購入完了です。

実際に「スマートEX」と「eチケット」を一緒に使ってみた

今回のルートを整理すると下記のようになります。

今回のモデルコース

浜松ー東京 東海道新幹線:スマートEXでスマホ乗車
東京ー新潟 上越新幹線:eチケットでスマホ乗車

浜松駅の新幹線改札はスマホで通過

まず浜松駅に行って新幹線改札の前まで来ました。
今回は電子チケットでの乗車なのでスマホで改札を突破します。
恐る恐る改札にスマホをかざすと普通に通過できました。
この時、改札から「EXご利用票」が出てきますので忘れないようにしましょう。

忘れても特に問題ないかもしれませんが、指定席で特急券の提示を求められた際にすぐに見せられます。

東京駅では一度新幹線改札を出る必要あり

東京駅に到着しました。
東海道新幹線から上越新幹線への乗り換えなので、通常は新幹線乗り換え改札のを通過するのですが、スマートEXとeチケットの同時利用の場合は通過できないので注意が必要です。

一度、在来線乗り換え改札へ向かい改札を出てから、上越新幹線への改札を通ります
上越新幹線の改札を通る際はスマホで通過できました。スマートEXのときと異なり「EXご利用票」なるものは出てきませんのでそのまま進んでもらって大丈夫です。

新潟駅ではスマホで改札から出る

新潟駅に到着しました。
スマホで改札を通過して見事にスマホだけで浜松から新潟まで来ることが出来ました。

スマートEXとeチケットサービスの同時利用は注意!

スマートEXとeチケットサービスを単独使用する場合は、通常の乗車料金より安くなります。
具体的にどのくらい安くなるかというと下のような感じです。

例えば、浜松ー東京間の指定席を普通に乗ろうとすると8440円かかりますが、スマートEXだと8240円と200円安く買えます。

また、東京ー新潟間の指定席だと10760円のところ、eチケットサービスだと10560円とこちらも200円安く買えます。

ただしここで注意点があります。
スマートEXとeチケットサービスの同時利用の場合は新幹線乗り換え改札の通過はできません。
そのため、一度在来線改札への出てから、再び新幹線改札を通る必要があります。

出典:JR東日本 JR券申込 新幹線eチケットご利用ガイド 

つまり東京駅で新幹線を乗り換える場合、乗り換え後の新幹線(今回の場合の上越新幹線)は東京駅からの初乗りとなってしまいます。
乗車料金を確認すると、通常だと18430円のところ、スマートEXとeチケットサービスの料金合計は18800円となり370円高くなってしまいました。
このように、なるべく安く乗りたい場合はスマートEXとeチケットサービスの同時利用はおすすめできないかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上で紹介してきたように、スマートEXとeチケットサービスを利用することでスマホのみで新幹線に乗ることが可能になります。
しかも運賃を200円節約することも可能です。ただし利用の際は1つだけ注意が必要で、JR西日本とJR東日本の新幹線を乗り換える時は一度新幹線改札を出て入り直す必要が出てきます。
その際改札を出た駅(東京駅)からの初乗りとなるためトータルの運賃が少し割高になる可能性があります。

このようにサービス利用の注意点はありますが、スマホで全てが完結し、発券機で並ぶ必要もないし乗車券を紛失したり改札でいちいちバッグに出し入れする必要も無くなるので、全ての人におすすめしたいと思います。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!