会社員にはつみたてNISAでの投資信託をおすすめする理由

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

会社員(サラリーマン)におすすめの投資方法を教えてください。

このような疑問に答えます。

会社員をしているあなた。
頑張って働いて得たお金だからといって、貯金ばかりしていないでしょうか?
確かに貯金していればお金が減ることはないですが、同時にその貯金が1.5倍〜2倍に増えるチャンスを失っているかもしれません。
この記事では、会社員が投資を始めるべき理由と、おすすめの投資方法について解説していきます。

投資とは?

まず初めに「投資」について軽く解説します。

投資とは?

投資とは、利益を得ることを目的に、自分の資産を投じることを言います。

今回の場合は、自分の金融資産である「お金」を払うことで、そのお金よりも「さらに大きなお金」を手に入れることを目的にする行為のことを指します。
お金を増やすために、お金を使うということですね。

会社員が投資を始めるべき理由

結論から言うと、会社員は絶対に投資をすべきだと思います。
理由はシンプルに下記です。

会社員が投資を始めるべき理由

✔️ 給料以外の収入源が得られるから
✔️お金を働かせないのはもったいないから

まず、給料以外に収入源を持てることは魅力的です。
収入を増やす方法は、本業である会社員で残業あるいは昇格して給料を多くもらう方法と、副業をする方法しかありません。
投資が副業と言えるか微妙ですが、投資は手間がかからず時間を見方にお金が増やせるので、忙しい会社員にとってはメリットが大きいです。

また、投資は眠ってる貯金に働いてもらうことで、お金を増やすことができます。
会社員の仕事をどんなに頑張っても、働いた時間分しかお金をもらうことができませんし、自分1人稼げる金額には限界があります。
しかし、貯金に代わりに働いてもらうことで、自分が会社で働いている間も寝ている間も、貯金がお金を稼いで来てくれるのです

このように、会社員には投資をするメリットが多いのです。

会社員におすすめの投資方法は「投資信託」

投資には様々な方法がありますが、会社員に特におすすめの投資方法は「投資信託」です。

投資信託とは?

多数の投資家(あなた)から販売会社を通じて拠出された資金を、運用会社の資産運用の専門家(ファンドマネージャー)が、株式・債券・不動産・金(きん)・その他金融資産に投資するよう運用指図し、運用成果を投資家に還元する金融商品、またはその行為を指します。

会社員に投資信託がおすすめな理由は、リスクを最小限にして比較的手堅く資産を増やすことができ、運用の手間もほとんどかからないことです。
資産運用をしたことがなくても、金融や経済についてそこまで知識がなくてもは、プロにお金を預けることで資産を効率的に増やすことが可能です。

ここで、投資信託のメリット・デメリットを下記で説明していきます。

会社員が投資信託をするデメリット

まずは会社員が投資信託をするデメリットです。

会社員が投資信託をするデメリット

✔️ 元本を下回る可能性がある
✔️ 資産が減って精神的にきつくなる場合がある

元本を下回る可能性がある

デメリットの1つ目は、元本を下回る可能性がありうるということです。
なぜなら、投資信託は元本保証がされないからです。

投資信託で運用中の株式や債券の価格が下がると、投資信託の価値も同時に下がります。
不景気などの要因で経済が落ち込むと支払ったお金が全て回収できないことも可能性としてありうるということです。
ただし投資した資産が元本を下回るのは確率的には低く、資産が増えていく確率のほうが高いです。
というのも、投資信託の商品は投資先を複数持つことでリスクを下げつつ利益を出せるように設計されています。

参考:eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)ーmornigstar

基本的に投資信託の商品価値(基準価額)は右肩上がりとなっています。
最近のコロナウイルスの関係で経済が落ち込んだ時は一時的に下がりましたが、しばらくすると元に戻っていく傾向にあります。

資産が減って精神的にきつくなる場合がある

デメリットの2つ目は、資産が減ったとき精神的にキツくなる場合があることです。
なぜなら、人によって損をした時に耐えられる度合いが異なるからです。

たとえば、1億円の現金を持っている人が100万円を投資して後に50万円になってもそれほどキツくないと思います。
しかし、100万円しか持ってない人が100万円を投資して50万を失ったら、今後の生活が不安でしょうがなくなりそうですよね。

また、投資する人の性格にもよる部分が大きいです。
少しでも損をしたら嫌な人と、将来的な利益のためなら多少の損もへっちゃらな人もいます。
自分はどんな性格か考慮して投資することも大切なポイントです。

会社員が投資信託をするメリット

会社員が投資信託を始めるメリットは下記のようなことが挙げられます。

会社員が投資信託をするメリット

✔️ 利回りが預金の3000倍!
✔️ 長期投資・分散投資・積立投資することでリスクを低く運用できる
✔️ 許容できるリスクを自分で決められる
✔️ 時間のない会社員でも基本的にほったらかし運用できる

利回りが預金の3000倍!

メリットの1つ目は、投資信託は預金の約3000倍もの利回りであることです。

銀行預金の利回り(年間金利)は一般的に0.001%となっています。
一方で、投資信託の利回りはおよそ3%程度ですので3000倍の利回りとなっています。
あなたのお金をどこに置いておくかでこんなにも利回りが変わってきてしまいます
投資信託を若いうちから続けていくことで、毎年利回りの恩恵を受けることができるのです。

長期投資・分散投資することでリスクを低く運用できる

メリットの2つ目は、長期投資・分散投資することでリスクを低く運用できることです。

まず、長期投資するメリットは投資信託の価値が日々変動する中で、経済の低迷による一時的な損を他の期間の利益でカバーすることができることです。
損失を確定させずに耐えることで利益への挽回が可能となります。

また、分散投資するメリットは投資先をいくつもに分けることで損失リスクを和らげることができます。
よく「卵を1つのカゴに盛るな」と言われます。
これは1つのカゴに全ての卵を入れてしまうと落とした時に全て割れてしまうからです。
投資も同様に株式・債券・不動産など投資先を分散させることでリターンを維持しつつリスクを下げることが出来ます。

許容できるリスクを自分で決められる

メリットの3つ目は、許容できるリスクを自分で決められる点です。

投資信託の商品は数多くありそれぞれリスク(どのくらい値動きするか)とリターン(どのくらいの平均利回りがあるか)がこれまでの実績として購入前に確認することが出来ます。
よく確認して自分の納得のいく投資信託商品を購入するようにしましょう

時間のない会社員でも基本的にほったらかし運用できる

メリットの4つ目は、投資信託は時間にない忙しい会社員でも基本ほったらかしで運用できる点です。

最初に投資信託口座を開設して投資商品を購入したら後はお金が増えていくのを待つだけです。
これは、株取引やFXなどの短期で利益確定させる投資と異なり、投資信託は長期での運用がメインとなるためです。
日々の値動きに一喜一憂するのではなく、ほったらかしで気づいたらお金が増えているというのが投資信託のいいところであり、忙しい会社員に向いているといえます。

会社員が投資信託を始めるなら「つみたてNISA」がおすすめ

特に投資信託を賢く始めたいなら、税制面でかなり有利でリスクの比較的小さい「つみたてNISA」を利用することをおすすめします。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは、国が推奨する非課税の投資支援制度です。投資対象の商品は初心者でも選びやすい比較的リスクの小さなものが多い傾向です。

つみたてNISAの概要については下の表にまとめています。

利用できる方日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数1人1口座
非課税投資枠新規投資額で毎年40万円が(20年間で最大800万円)
非課税期間最長20年間
投資可能期間2018年~2037年
投資対象商品長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
参考:つみたてNISAの概要ー金融庁

上記のような特徴から、会社員が「つみたてNISA」を利用すべき理由には下記があげられます。

会社員が「つみたてNISA」を利用すべき理由

✔️ 投資利益が非課税になる
✔️ 毎月無理なく積み立てられる
✔️ リスクを比較的小さく投資できる
✔️ 最初に積立設定すればほったらかしOK

投資利益が非課税になる

NISAではなく通常の投資信託を行う場合、投資によって得られた利益には20.315%の税金が課せられます
これがNISAを利用すると0%になり完全に非課税となりお得です。

たとえば、200万円を投資運用して250万円に増えたところで売却し利益確定したとします。
この時の利益50万円には税金がかかり、およそ10万円の税金を納める必要があり収入は残りの40万円となります。
一方で、NISAを使った場合は非課税となり50万円の利益をまるまるもらうことができるのです。

毎月無理なく積み立てられる

たとえば、楽天証券でつみたてNISA口座を開設した場合、毎月の積立金額を100円から設定することが可能です。
あなたのライフスタイルや家計の状況に応じて、フレキシブルに積立金額を変えられるのは魅力的です。
ちなみに、月の最高積立金額は33333円まで(年間40万円まで)なので、資金に余裕のある方は満額まで投資すると、後々のリターンが大きくなりいいでしょう。

リスクを比較的小さく投資できる

つみたてNISAは国が推奨する投資制度であり、特に投資経験の少ない初心者をメインのターゲットとしていることもあり、比較的リスクの小さな投資信託商品が多い傾向です。

バランス型と呼ばれる国内外の債券・株式・不動産などに分散投資してくれる商品もあり、迷ったらこれを購入しておけば問題ないかと思います。
特におすすめの商品は「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」です。
これは国内債券、国内株式、先進国債券、先進国株式、新興国債券、新興国株式、国内リート、先進国リートの8つに均等に分散投資してくれる商品です。
リターンは年間平均8.3%(複利)、リスク(値動き変動幅)は11.2%です。
20代から30代くらいの方で、迷われている方は、正直これだけ買っておけば問題ないかと思います。

最初に積立設定すればほったらかしOK

会社員は基本的に平日の日中は仕事をしていますので、FXデイトレードなどの毎日値動きを監視するような投資方法は厳しいです。

一方、つみたてNISAの投資信託なら20年という長い運用期間がありますので、年に数回資産運用状況を確認するだけで、後は基本的にほったらかしでOKです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

会社員が投資を始めるべき理由は下記が挙げられます。

会社員が投資を始めるべき理由

✔️ 給料以外の収入源が得られるから
✔️お金を働かせないのはもったいないから

また、会社員におすすめの投資方法は「投資信託」で、下記のようなメリットがあります。

会社員が投資信託を始めるメリット

✔️ 利回りが預金の3000倍!
✔️ 長期投資・分散投資・積立投資することでリスクを低く運用できる
✔️ 許容できるリスクを自分で決められる
✔️ 時間のない会社員でも基本的にほったらかし運用できる

特に投資初心者の会社員は、国の投資制度である「つみたてNISA」の利用がおすすめです。
理由は下記です。

会社員には「つみたてNISA」がおすすめな理由

✔️ 投資利益が非課税になる
✔️ 毎月無理なく積み立てられる
✔️ リスクを比較的小さく投資できる
✔️ 最初に積立設定すればほったらかしOK

あなたも今すぐに投資を始めて、将来の資産を築いてみてはいかがでしょうか。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!