初心者でも投資で失敗しない方法【絶対に守るべきポイントとは】

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

投資を始めたいのですが、初心者でも失敗しない方法はありますか?

このような疑問に答えます。

投資に興味があって始めてみたいと思うけど、「失敗して損をしたら嫌だから始められない」と言う方は多いです。
確かに投資の世界に「絶対」はないです。
しかし、投資初心者でも最低限の知識があれば投資で負けにくい戦い方は十分にできます
この記事では、そんな投資初心者の方のために、失敗しない投資方法について解説していきます。

投資で失敗するとは?

まず、投資で失敗するとはどのようになることでしょうか?
また、失敗しやすい投資とはどんなものがあるのでしょうか?この辺を深掘りしていきます。

投資で失敗とは「評価額が元金を下回った状態で利益確定すること」

まず、投資における失敗を定義しておきましょう。

投資での失敗とは?

「購入した投資商品の評価額 < 購入した投資商品の元金」
となった状態で、投資商品を売却し、利益確定すること。

たとえば、個別株の投資の場合、あなたは10万円で購入した株式があるとしましょう。
ある日その会社が倒産して株価が0円になってしまいました。
このとき、「評価額0円<元金10万円」となるので投資で失敗したと言うことになります。

また、投資信託の場合、あなたの現在の積み立てた金額が100万円だとしましょう。
経済危機が起きて評価額が50万円相当まで下落しました。
この段階では50万円を売却(利益確定)していないので損失(失敗)は出ていません。
その後、さらに景気が悪くなって評価額が30万円まで下落してしまいました。
これ以上下がるのが怖かったのであなたは投資信託をすべて売却(利益確定)しました。
この段階で、損失(失敗)が確定したことになります。

投資の失敗のイメージがつかめたでしょうか?
ここでの例から「いかに評価額の下落リスクを下げられるか」がポイントになりそうですよね。

投資で失敗しないための基本方針

上記でも触れましたが、投資で失敗しないためには「リスク」をなるべく小さくしつつ、投資の目的である「リターン」の確保をすることが重要になってきます。
そこで、リターンを維持しつつリスクをなるべく小さくする基本方針を紹介します。

投資で失敗しないための基本方針

✔︎ 長期投資する(短期間で大きく稼ぐ方法は避ける)
✔︎ 積立投資する(タイミングを狙った売買は行わない)
✔︎ 分散投資する(特定の銘柄に集中投資しない)

リスクとリターンとは?

投資でいう「リスク」とは、投資対象の評価額の振れ幅(単位は%で表す)のことです。一方で、「リターン」とはしばしば年間平均リターンとも言われ、1年間での評価額の増加率(下がった場合は減少率)のことです。

長期投資する(短期間で大きく稼ぐ方法は避ける)

投資で失敗しないための1つ目の方針は、長期投資をすることです。
決して短期間で大きく稼ぐような投資スタイルはしてはいけません
長期投資する理由は、短期投資に比べて損失の可能性を小さくできるだけでなく、時間を味方につけて複利効果で資産をじわじわ増やすことができるからです。

長期投資とは?

10年〜20年という長期間、投資商品を保有し続ける投資方法です。日々変動する評価額に振り回されることなく、世界経済が成長していくのを待つことで、結果的にリターンを得る(勝率を上げる)ことができます。反対に、短期投資とは1日〜数週間で投資商品の売買を行う手法です。評価額の変動はプロでも予測が難しいと言われ、専門家クラスでないと勝率を上げることは難しいとされています。

たとえば、100万円の元金を年間平均リターン5%の投資信託で20年運用すると、なんと265万円に増やすことが可能です。
実際には、毎年必ず5%という訳ではなく、1%のときもあれば9%のときもあるという感じです。
数十年の運用で平均すると5%になる可能性が高くなります。

このように、過去の運用実績から評価額が右肩上がりの商品を選び長期で運用すれば、高い確率で利益を得ることができるでしょう。

分散投資する(特定の銘柄に集中投資しない)

投資で失敗しないための2つ目の方針は、なるべく多くの投資先を分散して投資をすることです。
間違っても、1つの会社の個別株を買うだけなんてことはしてはいけません
分散投資をする理由は、リスク(評価額の振れ幅)を小さくできるからです。

たとえば、投資信託に100万円投資していたとしましょう。
このとき、投資信託Aと投資信託Bにそれぞれ50万円ずつ保有していたとします。
投資信託Aが10%値落ちして5万円のマイナスになり、方や投資信託Bが5%値上がりして2.5万円のプラスになった場合、トータルで2.5万円分のマイナスということになります。
一方で、投資信託Aのみ100万円保有していたらどうでしょう?
10%のマイナスで10万円のマイナスになってしまいます。このように投資先を分散することで、一気に評価額のマイナスが大きくなることを避けることが可能です。

よく例えとして「同じカゴに全ての卵を盛るな!」と言われたりします。
1つのカゴに全ての卵を入れていくと万が一落としてしまった場合にすべて割れてダメになってしまうからです。
投資も同様で、いろいろなところに分散して投資することで、マイナスに振れたときのダメージを小さくしてくれます

積立投資する(タイミングを狙った売買は行わない)

投資で失敗しないための3つ目の方針は、毎月定額を積立投資して売らずに保有しておくことです。
よく投資のプロがやるような「安いときに買って高いときに売る」と言うようなタイミングを狙った売買はしないほうがいいでしょう。
積立投資をする理由は、日々変動する評価額に対して購入額を平均化できるので、長い目で見ると平均値で投資商品を買い増しできるからです。

AさんBさんの買いタイミング例

たとえば、Aさんは毎月月初めに5万円の積み立てを続けました。
Aさんは3ヶ月で16.6口の投資信託を購入できました。
一方Bさんは、自分のタイミングで15万円を一気に使いAさんと同じ投資信託を購入しました。
このときBさんは投資信託を12.5口しか保有できていないことになります。
AさんBさん同じ金額を投資しているのに保有できた投資信託の数は積立投資をしていたAさんが有利と言う結果になりました。

とはいえ、タイミングよく投資信託が安いときに購入できればいいのでは?と考える方も多いと思いますが、未来の評価額の変動を予測することは難しいです。
それができればみんなお金持ちになっているでしょう。
とういうわけで、毎月定額を積立投資することで失敗を避けることができるのです。
ちなみにこの手法は「ドルコスト平均法」と言われたりします。

投資で失敗しない具体的な方法とは?

投資で失敗しないための方針はわかったけれど、具体的にどんな方法で投資をしていけばいいの?と言う問いに答えていきます。
まず、投資初心者は下記の4項目を実施していきましょう。
これらは、この記事を書いている私も初めての投資で実践したことでもあります。

投資で失敗しない具体的な方法

✔︎ 投資対象はすべて投資信託とする
✔︎ 優良なインデックスファンドを選定する
✔︎ 損しても平気な金額(リスク許容度)を事前に決めておく
✔︎ 自分の合った適切なポートフォリオを事前に決めておく
✔︎ 少額積立から始める

投資対象はすべて投資信託とする

投資で失敗しない具体的な方法の1つ目は、投資対象をすべて投資信託とすることです。
なぜなら、投資信託はリスクが高すぎることなくかつある程度のリターンも狙えるからです。
このような理由から、投資信託は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資と言われたりします。
そのほかについては、下の表にまとめましたので参考にしてください。

ローリスク・ローリターンミドルリスク・ミドルリターンハイリスク・ハイリターン
預金
国債
投資信託
REIT
ETF
株式投資
先物
FX
表:リスク・リターン別の投資方法一覧

具体的に、投資信託には下記のようなメリットがあります。

投資信託のメリット

✔︎ 購入する銘柄によっては大きなリターンが期待できる
✔︎ 長期・分散・積立投資することでリスクを低く運用できる
✔︎ 許容できるリスクを自分で決められる
✔︎ 時間のない人(特に会社員)でも基本的にほったらかし運用できる

詳しくは下のリンクで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

初心者が陥りがちな失敗パターンは、リスクを取りすぎて評価額が想定より下がりすぎてしまったときに、続けられなくなることです。
その点、投資信託は値動きしつつも徐々に評価額を上げていく商品がほとんどなので、リスクやリターンの計画が立てやすく、初心者が勉強しながら運用していくにはちょうどいい投資方法と言えるでしょう。

優良なインデックスファンドを選定する

投資で失敗しない具体的な方法の2つ目は、優良なインデックスファンドを選定することです。
なぜなら、選んだファンド(投資信託)によって、投資結果が左右するからです。
ちなみに、インデックスファンドの意味を紹介しておきます。

インデックスファンドとは?

インデックスファンドとは投資信託の商品の一種で、ある指標と同じ値動きをするように運用されている投資信託商品のことを言います。指標というのは「日経平均株価(日経225)」や「TOPIX(東証株価指数)」と言ったものを指します。

投資の世界では一般的にインデックス投資の勝率が高いと言われているため、多くの個人投資家から支持されている投資手法です。
さらに、インデックスファンドは他の投資信託商品と比べて運用手数料(証券会社に毎月支払う手数料)が少ないものが多く初心者でも扱いやすいと言えるでしょう。

損しても平気な金額(リスク許容度)を事前に決めておく

投資で失敗しない具体的な方法の3つ目は、損しても平気な金額(リスク許容度)を事前に決めておくことです。
なぜなら、投資には絶対はなく、万が一大きな損をしてしまった場合でも、想定内の損失額に抑えることができるからです。
誰だった損はしたくありませんよね。
しかし、損をしたときを想定しておくことで、初心者でも安心して投資を継続することができると思います。

たとえば、私の場合は2標準偏差で±25%以内に収まるような運用の仕方をしています。
これは、4.5%の確率で資産の25%を失う可能性があるということを意味しています。
もっと詳しく学びたい方は、リスク許容度の詳しい説明を下のリンクで紹介しています。

自分の合った適切なポートフォリオを事前に決めておく

投資で失敗しない具体的な方法の4つ目は、自分に合った適切なポートフォリオを事前に決めておく。
なぜなら、投資信託のリターンは保有するポートフォリオで決まると言っても過言ではないからです。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオは、現金、預金、株式、債券、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧や、その組み合わせの内容を指しています。たとえば、投資信託の場合では、国内債券:国内株式:先進国株式:新興国株式=30%:10%:30%:30%などと設定して、この比率通りに投資信託を購入していきます。

ちなみに、この比率は各インデックスファンドの実績データから計算して、自分にあったリスクになるように設定することをお勧めします。詳しい方法は下記のリンクを参考にして見てください。

具体的には、まず投資信託の銘柄を選びます。
とは言っても、投資初心者の方はどれを選んだらいいかわからないと思います。
私も投資を始めた頃はサッパリでした・・・。
なので、初めは次に紹介する「eMAXIS Slim」シリーズのインデックスファンドを選んでおけば大きな失敗はないと思います。
特にお勧めのファンドは、次のファンドです。

投資初心者におすすめの投資信託銘柄

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

これ1銘柄を購入しておけば、8つの投資先(国内債券、先進国債券、新興国債券、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内REIT、先進国REIT)に分散投資してくれます。

また、あなたが勉強してご自身でカスタマイズしたい場合は、次に示すようなインデックスファンドから、あなたの設定したポートフォリオに応じて購入するといいでしょう。

投資先ファンド名
国内債券eMAXIS Slim 国内債券インデックス
国内株式eMAXIS Slim 国内株式インデックス
先進国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
表:おすすめインデックスファンド一覧

「eMAXIS Slim」シリーズのインデックスファンドがいい理由は、三菱UFJ国際投信が運営しておりそれぞれのファンドで純資産額が比較的大きいところ、複数の投資先に分散投資しているところ、毎年かかる運用手数料が非常に安いこと、があげられます。

少額積立から始める

投資で失敗しない具体的な方法の5つ目は、少額から投資を始めることです。
なぜなら、万が一やり方を間違えて損をしてしまっても、ダメージを最小限にできるからです。

たとえば、初めは毎月1万円くらいから始めてみて、投資の知識がついてきて収入にも余裕が出てきたら、少しずつ増額していきましょう。
いくら失敗が怖いからと言って行動に移さなければ、お金が増えることありません。
できる範囲で少しずつ実践していくことが、投資初心者には大切なことだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まず、投資で失敗しないための基本方針は次の3つのポイントを抑えて投資をすることです。

投資で失敗しないための基本方針

✔︎ 長期投資する(短期間で大きく稼ぐ方法は避ける)
✔︎ 積立投資する(タイミングを狙った売買は行わない)
✔︎ 分散投資する(特定の銘柄に集中投資しない)

投資初心者でもリスクを下げつつ、手堅い資産運用ができる可能性が高まります。

また、失敗しないための具体的な方法は、下記の5項目を実践することです。

失敗しないための具体的な方法

✔︎ 投資対象はすべて投資信託とする
✔︎ 優良なインデックスファンドを選定する
✔︎ 損しても平気な金額(リスク許容度)を事前に決めておく
✔︎ 自分の合った適切なポートフォリオを事前に決めておく
✔︎ 少額積立から始める

まずは投資信託のインデックスファンドを少額から始めましょう。やりながら投資の知識をつけていき積立金額を増やしていけば、将来の資産を効率的に築くことができると思います。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!