【日本で購入可能なインフィニティ】安心して買えるおすすめ輸入代行店を紹介

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

「日産が海外向けに展開しているインフィニティというブランドでは、どんな車種が売られているのですか?
また、日本で購入したい場合はどんな手続きを踏めば良いのでしょうか?」

このような疑問に答えます。

日本ではあまり知られていないのですが、日産の海外向けブランドに「インフィニティ」というものがあります。
車のラインナップは少なめですが、なぜ日本で販売しないのか?と思うほどの洗練されたデザインの車が揃っています。
私は現在、日産のスカイラインクーペに乗っているのでかなり親近感が湧いていて、今後所有できるならインフィニティに乗ってみたいです。
今回は、インフィニティの車についてや日本での購入方法についてまとめましたので紹介していきます。

インフィニティは日産の海外向けブランド

まず、インフィニティについてですが、何度も言っていますが「日産の海外向け高級ブランド」です。
海外の位置づけ的には、トヨタのレクサスのようなところです。
レクサスは当初海外向けの高級ブランドとしてアメリカで展開されていました。
レクサスは高級ブランドのマーケティングがうまくいったのか、日本でも早いうちから展開が始まり、多くのファンの注目を集めています。
一方で、インフィニティは日本での販売はされておらず(輸入車はあり)、カーディーラーもありません。
その代わり、例えば日産のスカイラインとインフィニティのQ50という車種のように、同じ車ですが車名を変えて日産で販売しているものもあります。
また、ホンダは「アキュラ」という海外向け高級ブランドを持っていて、日本以外で展開されているようです。

2020年インフィニティのカーラインナップは全5車種

2020年現在のインフィニティのカーラインナップですが、全部で5車種だけになります。

インフィニティのカーラインナップ

✔︎ Q50(セダン)
✔︎ Q60(クーペ)
✔︎ QX50(SUV)
✔︎ QX60(SUV)
✔︎ QX80(SUV)

圧倒的SUV比率ですね。それぞれの車種の特徴や位置づけについて紹介していきます。

Q50

出典:INFINITY USA

Q50はインフィニティ唯一のセダンです。
あなたも見覚えがあるかもしれません。
Q50はそっくりそのままの状態で日本では日産スカイラインとして販売されています。
スカイラインは一時期インフィニティのエンブレムのまま売られていましたが、現行型では日産エンブレムに戻っています。
戻したってことはインフィニティエンブレムは日本では受け入れられなかったということでしょうか。
また、搭載されているエンジンですが、スカイラインはツインターボとハイブリッドのバリエーションに対して、Q50はツインターボのみとなっています。
グレードはスカイライン同様、ベーズグレード・タイプP・タイプSP・400Rに相当する、Pure・Luxe・Sensory・Red Sport400といった感じです。
スペックの詳細は下記のような感じです。

グレード出力エンジン価格(ドル)価格(円)
Pure300hp3Lツインターボ$36,600〜¥384万〜
Luxe300hp3Lツインターボ$41,700〜¥437万〜
Sensory300hp3Lツインターボ$47,600〜¥499万〜
Red Sport 400400hp3Lツインターボ$55,750〜¥585万〜

Q60

出典:INFINITY USA

Q60は唯一のクーペです。
こちらの車種は残念ながら日本では販売されていません。
1つ前の型式は日本でも売られていまして、日産スカイラインクーペです。
私の愛車ですね(笑)。
Q50のスカイライン同様、以前はアメリカで発売が開始されてしばらくして、追って日本でも発売されるという感じでしたが、今回のQ60は日本で出る気配がありません。
先代のスカイラインクーペは、日本で乗るには大きすぎすエンジンとクーペスタイルという利便性の悪さがあり、そこまで売れた車ではないと思います。
そのため、日本での発売を決断できないのかもしれません。
先代に続きよりクーペデザインに磨きがかかり美しいフォルムで魅了させてくれると思うので、個人的には是非とも日本で走っている姿を見たいものです。
残念。

グレード出力エンジン価格(ドル)価格(円)
Pure300hp3Lツインターボ$41,650〜¥437万〜
Luxe300hp3Lツインターボ$50,200〜¥527万〜
Red Sport 400400hp3Lツインターボ$58,100〜¥610万〜

QX50

出典:INFINITY USA

QX50はインフィニティの中で最も小さいSUVです(と言っても大きいです)。
日本には展開がない車種になっています。
しかし、先代のQX50(別名EX)は以前に日本でも販売されていまして、車名は日産スカイラインクロスオーバーです。
こちらもスカイラインクーペ同様、ごくたまに見かけますがほとんど絶滅危惧種な感じです。
現在の日産のラインナップだとエクストレイルが車両サイズ的に似ているのではないでしょうか。
全長はほとんど同じ(4,699mm)でQX50の方が車幅が少し広く車高が少し低くなっています。
QXのサイドビューがすごく流線的で美しく見えるのは、ワイドローなサイズ感ゆえかもしれません。

グレード出力エンジン価格(ドル)価格(円)
Pure268hp2Lターボ$37,950〜¥398万〜
Luxe268hp2Lターボ$41,500〜¥435万〜
Essential268hp2Lターボ$44,700〜¥469万〜
Sensory268hp2Lターボ$50,000〜¥525万〜
Autograph268hp2Lターボ$54,200〜¥569万〜

QX60

出典:INFINITY USA

QX60はQX50より一回り大きいSUVです。
QX50は5人乗りであったのに対して、QX60は3列目シートが装備され7人乗りとなっています。
サイズ的に3列目は狭そうな印象ですが、5人乗りがメインの家族にとってはかなり使いやすいライナップになっていると思います。
QX50の2Lターボエンジンに対して、QX60は3.5LのV6NAエンジンなので、乗車人数が多くても高速道路などで快適に走行できそうです。

グレード出力エンジン価格(ドル)価格(円)
Pure295hp3.5L-V6-NA$44,350〜¥465万〜
Luxe295hp3.5L-V6-NA$46,150〜¥484万〜

QX80

出典:INFINITY USA

QX80はインフィニティの中で最も大きいSUVです。
世界の前車種の中でもラージ級のSUVに属すると思われます。
サイズ感としては、トヨタのランドクルーザー(レクサスだとLX)と同様くらいです。
日本では大きすぎて取り回しが大変かもしれませんね。
日産でもこのクラスのSUVはラインナップがありません。

グレード出力エンジン価格(ドル)価格(円)
Pure400hp5.6L-V8-NA$69,050〜¥725万〜
Premium400hp5.6L-V8-NA$73,350〜¥770万〜
Sensory400hp5.6L-V8-NA$80,200〜¥842万〜

日本でインフィニティを購入する方法(輸入代行を使う)

こうやって見てみると、どれもかなり魅力的な車種なことがわかると思います。
ただ、日本ではインフィニティディーラーがなく、購入できないのが残念なところです。
しかし、これらの車種を日本で購入する方法があります。
それはインフィニティ専門の輸入代行店を使う方法です。
おすすめの輸入代行店を下にまとめています。

インフィニティが買える輸入代行店

結局ですが、海外からの輸入をしなければ日本でインフィニティを乗ることはできません。
輸入代行を専門で行っている会社があり、特にインフィニティに特化したところが上記に書いた2社です。
輸入代行を頼むと、現地で購入できる車両価格+代行のマージンが取られるのでかなり高額になることが予想されますが、どうしてもインフィニティに乗りたいという人は検討してもいいのではと思います。
また、個人で輸入することを考えている人もいるかもしれませんが、あまりお勧めできないと思います。
英語が堪能で輸入手続き関係に詳しい方ならアリかもしれませんが、輸入中の万が一のトラブルにあった場合個人では対処できない可能性が出てきます。
そういったリスクを回避するためにも、専門に輸入代行店を使った方が安心です。

インパル

インパルは日産車向けのカスタム・チューニングパーツを販売・整備を行う日本の企業です。
東京世田谷区にホシノインパル本社を構えています。
インフィニティの新車購入とその後のメンテナンス関係は、東京で行うことになるので、近くに住んでいない人は新車購入はできるけれどもメンテ関係ができないと思われます。
もしも、インパルでの購入を考えている場合は、一度問い合わせをしてみてアフターメンテナンスの流れについて聞いてみるといいと思います。

ケーエムガレージ

けーエムガレージはインフィニティ専門の輸入代行を行っています。
拠点自体は東京にありますが、公式サイトによると全国の日産ディーラーとの協力体制ができているらしく、遠方の人でもアフターメンテナンスは近くの日産ディーラーで実施できるとのことです。
これは嬉しいし、安心感があります。
また、インフィニティ中古車も在庫ストックがあるそうで、新車が欲しかったけど金額的に無理という人は、中古車の購入もアリかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

インフィニティは洗練された美しいデザインで人気があります。
しかし、残念ながら日本では売られていないため、購入するにはインフィニティを専門で扱う輸入代行店を使うと良いでしょう。
安心して購入できるだけでなく、アフターメンテナンスも近くの日産で実施ができそうです。
気になる方は、一度問い合わせてみるといいでしょう。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!