【生産技術の仕事内容】生産技術歴7年の私が超わかりやすく解説します

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術職の仕事内容について、わかりやすく詳しく教えてください。

このような疑問に答えます。

製造業の技術職の中でも、生産技術の仕事はいまいちわかりにくいですよね。その理由は会社によって生産技術の仕事がかなり異なっていることが原因の一つです。

この記事では、現役の生産技術職としてメーカーに7年間勤務する私が、生産技術職の具体的な仕事内容について、わかりやすく解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術とその役割について

生産技術の仕事は、製造業の会社では必ず必要とされる仕事で、会社が利益を上げていくためにはなくてはならない存在です。そんな生産技術について詳しく解説していきます。

生産技術とは?

生産技術とは、開発された製品をいかに高品質・低コスト・短納期で生産できるかを技術的な側面から考える技術のことです。

あらゆる分野の製造業メーカーでは、多くの生産技術職の方が活躍されており、製品を効率よく生産するためには生産技術の仕事が必要不可欠で、会社の利益を左右する極めて重要な職業なのです。

生産技術職の役割

生産技術に関わる仕事をする職種のことを生産技術職と言います。この生産技術職の会社での役割は、簡単に言うと「研究開発と製造現場をつなぐ架け橋」になることです。

研究開発部門は新しい製品を開発する役割を担っています。一方で、製造部門は生産設備で製品を量産する役割を担っています。

生産技術職は研究開発と製造の間に入り、開発された製品を品質良くコストをかけずに量産できるように、製造工程や量産設備を検討する役割を担っています。

どんなにいい製品を開発できても、ちゃんと量産ができて、必要としている方に届かなければ意味がありません。そう言った意味で、生産技術職は製造業の利益を左右する重要な仕事だと言うことがわかると思います。

生産技術の仕事内容について

それでは、生産技術の具体的な仕事内容について詳しく解説していきます。

生産技術職の種類と専門性

まず、生産技術の仕事は、下記の3つの担当に分類できます。自分の担当によって実際の仕事内容はかなり変わってきます。

生産技術職の種類と専門性

✔️ 機械担当
✔️ 電気・電子担当
✔️ 情報担当

機械担当

機械担当は、「工場内の動くものすべてを扱う仕事」です。

具体的には、機構設計、機械設計などが挙げられますが、力学や熱・流体の計算を行いながら、求められる条件の設備を検討したり製作したりします。

機械担当は動くものを扱うため、設備機構の理解や力学の専門性が必要不可欠です。そのため、機械専攻の方がなることが一般的です。ただ、私のように化学工学系の人も稀にいて、化学現象を考慮した設計が強みとなっています。

電気・電子担当

電気・電子担当は、「電気の力で設備を動くようにする仕事」です。

具体的には、電子機器選定、回路設計などが挙げられますが、設備を動かすのに必要な電気容量の計算や配線ルートの検討などを行います。

電気電子担当は電気を扱うため、電気電子工学の専門性が必要不可欠です。そのため、電気電子専攻の方がなることが一般的です。

情報担当

情報担当は、「設備が狙い通りの動きをするように制御する仕事」です。

具体的な仕事としては、プログラミング、制御設計などが挙げられますが、自分で作ったプログラムを設備に組み込んで、設備の動きを制御するような検討を行います。

情報担当はプログラミングや制御を行うため、プログラミング言語や制御、電気工学に関する専門性が必要不可欠です。そのため、電気電子専攻や情報専攻の方がなることが一般的です。

具体的な仕事内容

生産技術の仕事は主に下記の4つが挙げられます。

具体的な仕事内容

✔️ 工程開発
✔️ 設備設計
✔️ 設備改善
✔️ 設備保全

それぞれ詳しく解説していきます。

工程開発

工程開発とは、製品を作る手順を検討して決める業務です。プロセス開発やプロセス設計・構想設計と言ったりします。

工程開発は、製品を量産化する上で最も生産コストに影響がある部分なので、かなり慎重に行なっていきます。ここで抜けがあると、計画の生産ができず利益を生み出せない可能性が出てくるからです。

大きな工場を作る前に、小さいスケールの設備を作って実際に生産できるか試験を繰り返して工程を決めていきます。

設備設計

設備設計とは、新規の生産設備を検討する業務です。

設備設計と言っても、他社から生産設備を購入する場合もあれば、自社でオリジナルの生産設備を一から設計する場合もあります。

オリジナルの設備を作る場合は、設備を使う人が使いやすいように、安全に作業できるように考えて設計する必要があります。

また、設備が簡単に故障しないように、部品強度の評価や使う材料の選定などに注意しながら設計することも重要です。

設備改善

設備改善とは、既存の生産設備をより良くする業務です。具体的には、生産量アップや品質改善を目的に行う業務です。

生産活動をしていると、取引先からの受注が増えたり、要求される製品の品質が変わったりします。これらに対応できるように、設備を改善していきます。

例えば、求められる生産量に対して設備改善をする際、どんな要因(モーターの出力、サイクルタイムなど)が最も効いてくるのか検証して、低コストで目標達成をする手段を見つけていきます。

設備保全

設備保全とは、既存の生産設備のパフォーマンスを維持する業務です。自動車と同じように、予期しない故障が起きないように、定期的に部品交換を行なっていく業務です。

定期的な保全計画の見直しや、日常な点検を繰り返して、万が一設備に異常が見つかった際にすぐに対応できるようにします。

予期せず設備が故障し生産が止まってしまうと、お客様への納品が遅れてしまい多大な迷惑や損失を発生させてしまうため責任の大きな仕事と言えるでしょう。

会社によって生産技術職の仕事の範囲が異なる

生産技術職の仕事内容がわかりにくい理由は、生産技術課が担当する仕事の範囲が会社によってかなり異なるからです。

例えば、一般的な生産技術系の仕事と、それを担当する部署の例は下記になります。

仕事内容と管轄部署の関係

✔️ 工程開発→技術開発課(生産技術開発課)
✔️ 設備設計→設計課
✔️ 設備改善→生産技術課
✔️ 設備保全→工務課(設備管理課)

あなたの会社ではどうでしょうか?

ちなみに私の今いる工場の場合は、すべての仕事を生産技術部門が行っています。メンバー全員が以上の4つの業務をこなしている感じです。そのため、設備系の部署は、私のいる生産技術部門しかありません。

一方で、私が以前にいた工場では、技術開発課と生産技術科と設備管理課の3つでした。生産技術課が設計と設備改善の仕事をする感じです。

このように、一口に生産技術職と言っても、工場によっては実際にやる仕事がかなり変わってきます。そのため、就職・転職する際は、志望する会社の生産技術部門が具体的にどんな仕事をしているのかチェックし、自分の適正が活かせる会社を選ぶと良いでしょう。

生産技術者を続けて7年間:今私が思うこと

私は7年間生産技術の仕事を続けて、3つの工場を経験してきました。

その過程で感じたことや大変だったことを体験談としてまとめましたので、興味のある方は下記からどうぞ。

>>>【生産技術の体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術の仕事は、開発部門と製造部門との架け橋であり、会社が利益を上げていくには非常に重要な役割を果たしています。

生産技術には下記3つの担当に分かれて仕事を行なっていくため、それぞれの専門性を持っている必要があります。

生産技術職の種類と専門性

✔️ 機械担当
✔️ 電気・電子担当
✔️ 情報担当

また、仕事内容は下記のような4つに分類されます。工場によって生産技術部門が担当する範囲が異なり、一部あるいは全ての仕事を実際にこなしていくことになります。

仕事内容と管轄部署の関係

✔️ 工程開発→技術開発課(生産技術開発課)
✔️ 設備設計→設計課
✔️ 設備改善→生産技術課
✔️ 設備保全→工務課(設備管理課)

いずれにせよ、高い技術的な知識やノウハウを持っていなければ務まらない仕事ではあります。しかし、その分やりがいは大きく技術者として大きく成長できます。また、工場全体の技術に触れられるのは生産技術のみたと思いますので将来的に出世も期待できると思います。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!