【生産技術職の年収は?】現役社員が語る年収アップするための意外な方法とは?

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術職の年収はどのくらいですか?
年収アップさせるにはどんな方法がありますか?

このような疑問に答えます。

生産技術職は、製造業の企業にとって利益を生み出す最も重要な人材と言っても過言ではありません。
そんな重要な位置付けの職種ですが、所属する企業によって年収に大きな開きがあることをご存知でしょうか?
もしかしたら、働く場所を変えるだけであなたの年収を大きく伸ばすことが可能かもしれません。
この記事では、某素材メーカーで現役生産技術職として勤務している私が、実際の生産技術職の年収と、生産技術職で年収アップする具体的な方法について解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術職の平均年収は?

まず、生産技術職の平均年収についてまとめました。
すでに、現役の生産技術者として仕事をしている方は、自身の年収と比較してみて、あまりに低ければこの記事の後半で紹介する「生産技術職で年収アップさせる方法とは?」の方法を試してみてください。

年齢別の平均年収

生産技術職(機械・電気などの設備系)の年齢別の年収(2020年)を下の表にまとめました。

年齢平均年収※doda調べ
20代381万円
30代496万円(+115万円)
40代569万円(+73万円)
50代〜680万円(+111万円)
全体平均461万円

この表を見てあなたはどのように感じたでしょうか?

日本人の平均年収はおよそ467万円と言われています(国税庁)。
そのため、生産技術職全体の平均年収と比べると若干劣りますがほぼ同じと言っていいと思います。
年齢的には、生産技術職30代半ばくらいで平均年収を超えるようなイメージです。
ただし、企業の規模や業界によってはかなり上下すると思われます。

企業規模別の年収

次に、企業規模別の年収を比較してみましょう。
比較対象として私が勤務する会社を参考にしてみました。会社情報は下記のような感じです。

この記事の筆者が勤める会社情報(大企業A)

✔️ とある大手素材メーカー
✔️ 社員数は7000人程度
✔️ 資本金は500億円程度
✔️ 大学院卒の総合職採用

そして年齢別の年収推移は下の表のような感じです。

年齢平均年収(大企業A)
20代440万円
30代640万円(+200万円))
40代880万円(+240万円)
50代〜1000万円〜(+120万円)

一般的な生産技術職の平均年収推移と比べると下のようなグラフになります。

図 生産技術職の平均年収推移(大企業との比較)

ここでわかるのは同じ職種でも会社の規模によって年収にかなりの開きがあるということです。

とはいえ、大企業で多く給料をもらっているというのはその分負荷の高い仕事をして消耗しているのではないか?と考える人も多いと思います。
しかし、実際は特別大変な仕事をしているわけではないのです。

なぜなら、キャリアアップ転職をしてきた中途採用の方が口を揃えて言うからです。
例えば、次のような感じです。

中途採用Aさん(29歳)

転職して年収はかなり上がったけど、仕事の大変さはそこまで変わらなかったです。

中途採用Bさん(35歳)

転職して定時で帰れるようになって勤務時間はかなり減ったけど、年収は前の会社とそこまで変わらなかったです。時間単価が高いとプライベートにもゆとりが出て良いです。

このように、大企業への転職に成功することで仕事内容や大変さはそのままでも年収を伸ばすこと可能ということです。
もしあなたが仕事を頑張っているのにいまいち年収が悪いと感じているなら、転職することが1つの解決策になるかもしれません。

生産技術職で年収アップさせる方法とは?

産技術職の年収をアップさせるに方法は何があるのでしょうか?
実際にできる年収アップ方法を下にまとめました。

生産技術職で年収アップさせる方法

✔️ 残業をして多く稼ぐ
✔️ 成果をあげて昇格し基本給を上げる
✔️ 資格を取得し資格手当をもらう
✔️ 海外赴任で海外赴任手当をもらう
✔️ キャリアアップ転職をする

それぞれ詳しく解説します。

残業をして多く稼ぐ

生産技術職で年収アップさせる方法1つ目は、残業をして多く稼ぐことです。
給料を増やす最も一般的な方法ですが、生産技術職は残業代を増やしやすい職種と言えます。
なぜなら、もともと夜間対応や休日出勤が多い職種だからです。
例えば、夜間のトラブル対応や休日の工場対応などを積極的に取っていけば残業代を多く稼ぐことができるでしょう。

ただし残業を増やすデメリットもあります。
例えば、残業のやり過ぎで36協定の残業限度時間を超えてしまうことや過労で体調を崩すことなどが挙げられます。
そのため、一時的な給料アップは期待できるものの、長期で年収アップさせることは難しいかもしれません。

体力・メンタルに自信のある方にはおすすめの方法です。

成果をあげて昇格し基本給を上げる

生産技術職で年収アップさせる方法2つ目は、成果をあげて昇格し基本給を上げることです。
成果をあげるというのは簡単なことではありませんが、会社のためによく考え行動していくことで時間をかけて成し遂げていきます。

昇格による基本給アップは意外と年収へのインパクトが大きく、例えば私がリーダークラスから係長クラスへ昇格したときは基本給で月5万円ほどアップしました。
年収で言うと60万円にも相当するのでインパクトの大きさがわかるかと思います。

とはいえ、日々の頑張りが認められて成果が形になるまではかなり時間がかかります。
さらに、成果の評価は大抵上司が行うので上司との付き合い方やタイミングなども関わってくるため、いろいろと不確定要素が多いのが現状です。

コツコツ努力派の方にはおすすめの方法です。

資格を取得し資格手当をもらう

生産技術職で年収アップさせる方法3つ目は、資格を取得し資格手当をもらうことです。
各会社ごとに取得を推奨している資格があり、その中には資格手当として月々の給料に上乗せしてくれる制度があったりします。
あなたの会社のそういった資格手当制度を利用して給料をアップさせる方法です。

しかし、会社によっては資格手当が無いところもありますので、生産技術職の方全員が実践できることではないので注意が必要です。
もし、あなたの会社に資格手当制度があれば使わない手はないと思います。

>>生産技術に資格は必要?現役生産技術職が語る実務・転職で有利な資格とは

海外赴任で海外赴任手当をもらう

生産技術職で年収アップさせる方法4つ目は、海外赴任で海外赴任手当をもらうことです。
意外と知られていないかもですが、普通に働く場合の給料の2倍になることもあります。
給料の内訳としては「日本で勤務した場合にもらえる基本給」+「現地工場の給与(海外赴任手当)」と言う形です。

さらに付帯的なメリットとして、日本より物価の安い国への海外赴任の場合は生活費が圧倒的に安くなるため、貯金も多くすることが可能です。

とはいえ、海外生活では不自由なことが多く、多くの場合で言語の壁があったりします。
そのため、あなたが英語スキルに堪能でかつ異文化の生活も許容できるのなら進んで海外赴任で年収アップを狙うべきでしょう。
その際は、上司や周囲へ海外赴任したい旨を根回しするなどの行動が必要です。

>>生産技術職は英語スキル必要?英語習得のメリットを詳しく解説

キャリアアップ転職をする

生産技術職で年収アップさせる方法5つ目は、キャリアアップ転職することです。
転職による年収アップは他の年収アップ方法よりも確実で大きな効果がある方法と言えます。
なぜなら、先にも述べているように、あなたの今のスキルのまま、少しの行動で達成することができるからです。

生産技術職の年収は何で決まるかというと、所属する会社の規模によるところが大きいです。
そのため、大企業では年収が高いという傾向となっています。
せっかく生産技術職として価値のある仕事をするのなら、なるべく時間単価の高いところで仕事をした方が絶対にいいと思います。

>>【生産技術職が転職しやすい理由】実現可能なキャリアパスと転職先

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

生産技術職の転職で年収アップさせる具体的方法

もしも、あなたが生産技術職として勤務する会社の平均年収が低いと感じているなら、転職することで年収アップが期待できます
具体的な方法は下記の通りです。

具体的な転職方法

✔︎ 平均年収の高い大企業に転職する
✔︎ 総合職として生産技術部門に配属する

平均年収の高い大企業に転職する

1つ目の方法は、平均年収の高い大企業に転職することです。
なぜなら、あなたの生産技術職としてのスキルが同じでも、そのスキルの評価のされ方によって仕事の価値が異なるからです。
たとえば、利益を1億出している会社と100億出している会社だったら、同じような仕事をしたとしても100億利益を出してる会社の方が社員1人あたりの給料は多くなるのはなんとなくわかると思います。
そのため、利益を大きく出している大企業に転職することで、高い年収を得ることができます。

総合職として生産技術部門に配属する

2つ目の方法は、総合職として生産技術部門に配属するということです。
なぜなら、総合職で入社した方が一般職で入社した人に比べて昇給・昇進のスピードが早いからです。
総合職はいわゆる幹部候補生としての採用されることが多いため、より給料の高いポジションとして入社することができます。

とはいえ、給料が高いからと言って仕事がきついんじゃないの?と思う方も多いと思いますが、実際に私の職場では総合職も一般職も同じような業務を行なっています。
将来的には総合職の方のほうが、責任にあるポジションになっていき管理業務が増えるとは思いますが、せっかく生産技術職のスキルを有意義に活かしたいなら総合職への転職がおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術職の平均年収は全職種の平均年収相当だということがわかりました。
一方で同じ生産技術職の中でも所属する企業の規模によって年収に大きな差が生まれることもわかりました。
もし、あなたが生産技術職として働いていて平均年収以下の場合は、次のような方法で年収をアップさせることが可能です。

生産技術職で年収アップする方法

✔️ 残業をして多く稼ぐ
✔️ 成果をあげて昇格し基本給を上げる
✔️ 資格を取得し資格手当をもらう
✔️ 海外赴任で海外赴任手当をもらう
✔️ キャリアアップ転職をする

特に転職による方法は、あなたの生産技術スキルはそのままに働く環境を変えるだけで年収アップが見込めます。
その際、具体的な転職先は次のようなポイントで決めると良いでしょう。

生産技術職の転職先選びのポイント

✔️ 平均年収の高い大企業に転職する
✔️ 総合職として生産技術部門に配属する

私の勤める会社にもこのような方法で年収アップを実現させている方が多くいます。
あなたもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!