【生産技術と設計どっちを選ぶ?】経験者が違いや将来性について解説

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術と設計、どちらで将来的に仕事をいていくか悩んでいます。
おすすめを教えてください。

このような疑問に答えます。

生産技術と設計の仕事はどちらも生産設備に関わる仕事で、一見似ているようですが、仕事内容の性質がけっこう異なります。
そのため、設備関係の部署に配属されたけど将来的に生産技術と設計どちらを極めていくか悩まれる方は多いと思います。
結論としては、生産技術と設計、両者の仕事を理解して、あなたの適正のある方を最終的に選ぶべきでしょう。

この記事では、現在、生産技術職として勤務して6年になる私が、生産技術・設計の2つの部署での経験を基に、生産技術・設計どちらを選ぶべきかについて詳しく解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術と設計の選び方3つのポイント

生産技術と設計、どういった基準で選べばいいのかについて、下記の3つのポイントで判断するといいでしょう。

生産技術と設計の選び方3つのポイント

✔️ 生産技術・設計の仕事内容で選ぶ
✔️ 残業・休日出勤の有無から選ぶ
✔️ 将来性から選ぶ

それぞれ詳しく解説していきます。

生産技術・設計の仕事内容で選ぶ

生産技術と設計の仕事内容は似ており、どちらも工場の生産設備を扱う仕事です。
しかし、実際の仕事内容や業務で求められるスキルは少し異なります
生産技術・設計、それぞれの仕事内容を簡単にまとめると下記のようになります。

生産技術と設計の仕事内容

✔️ 生産技術→既存の設備を改善・維持する仕事
✔️ 設計→1から生産設備を作る仕事

生産技術→既存の設備を改善・維持する仕事

生産技術の仕事は、既存の設備を改善したり維持・メンテナンスをしたりするのが主に業務になります。
会社・工場によっては、「生産技術部」という部署名以外にも「設備課」「工務部」などと呼ばれる事も多いです。

例えば、工場にもともとある生産設備を改造して製品の生産量をアップさせたりします。
より多くの製品を短時間で生産できれば、それだけ売り上げアップが期待できます。
また、生産設備の状態を日々監視して、故障しないように管理したり、故障してしまった場合は部品の交換などの対応を行います。
いずれにしても、生産技術の仕事は生産現場で設備を見たりイジったりすることが多く、デスクワークが少なめなのが特徴です。

設計→1から生産設備を作る仕事

設計の仕事は、文字通り1から生産設備を設計し作るのが主に業務となります。
設計には「構想設計」「詳細設計」の2段階の設計フェーズがあり、それぞれで仕事内容は異なります。

構想設計は、原料から製品が製造されるまでの大きな手順・流れ・工程を設計します。
例えば、お菓子のクッキーを作っている工場では、「材料を混ぜる→オーブンで焼く→梱包する→出荷」みたいな感じです。
どんな手順で製品を作れば最もコストがかからず、品質の良い製品を作れるかが構想設計で決まります。
具体的には、試験を繰り返して最適な製造条件を導いていきます。

詳細設計は、構想設計で決めた製造工程をもとに、どんな設備が必要なのかを考え、その設備のスペックや配置を決めていきます。
世に売っていない設備が必要な場合は、それも1から設計する場合もあります。
具体的には、CADと言う図面を書くPCソフトを使ったり、エクセルで複雑な計算を行ったりします。

このように、設計の仕事はデスクワークや試験・検証がメインの業務になっており、高度な技術レベルを要求されるのが特徴です。

残業・休日出勤の有無から選ぶ

また、残業や休日出勤の有無から、生産技術と設計を選ぶこともできます。
生産技術・設計それぞれの残業・休日出勤の状態は下記のような感じです。

残業や休日出勤の有無

✔️ 生産技術→急な対応が多く勤務時間多め
✔️ 設計→比較的ゆったり仕事できる

生産技術→急な対応が多く勤務時間多め

生産技術の仕事は、急な対応が多くなり勤務時間が多めなのが特徴です。
なぜなら、工場の生産設備が急に故障したり不具合が発生した場合、対応しなければならないのが生産技術の仕事だからです。
先にも説明したように、生産設備は維持・メンテナンスの業務を担当しています。
24時間操業の工場の設備が動かなくなってしまうと、大きな損失につながります。
そのため、夜中だろうと休日だろうと、トラブルが発生した場合は基本出勤しなければならないのです。

設計→比較的ゆったり仕事できる

一方で、設計の仕事は比較的ゆったりマイペースに仕事を進められます。
なぜなら、設計スケジュールは自分たちで決められますし、大きくスケジュールが遅れる事もほとんどないからです。
設計を開始する前に作った工程表(スケジュール)にそって進めていくのが通常です。
急ぎの案件を除いては、そこまでキツキツにスケジュールを組むことはしないため、残業せず土日はしっかり休めるようなスケジュールで設計を行なっていくことがほとんどです。

将来性(将来スキル)から選ぶ

生産技術と設計の仕事の将来性に関していえば、どちらも製造設備に関わる重要な仕事であり、製造業の将来にになくてはならない職種と言えるでしょう。

しかし、生産技術と設計のどちらが将来役立つかと言う点では、設計のスキルの方が将来性があるといえます。
なぜなら、設計の仕事で得たスキルは生産技術の仕事に応用できますが、生産技術の仕事で得たスキルは設計で役立つとは限らないからです。

例えば、設計の仕事では設備の維持やメンテナンスにも考慮して、設備を作る必要があり、自然と生産技術に関わる知識を習得できます。
しかし、その逆で生産技術の仕事を続けていても、工程や設備を1から設計することはほとんど不可能だと思います。
設計するためには、製品を作る工程や設備を熟知している必要があり、生産技術の仕事の設備メンテナンスや生産性改善の仕事だけでは得られない知識やスキルが多くあるのです。

生産技術・設計それぞれに向いている人

ここまで、生産技術と設計の仕事について解説してきましたが、実際にどんな人が生産技術・設計に向いているのかについてまとめていきます。

生産技術に向いている人

生産技術に向いている人は下記のような方です。

生産技術に向いている人

✔️ 生産現場で設備に触れたい
✔️ とにかくお金を多く稼ぎたい
✔️ 工場内で体を動かして仕事したい

生産現場で設備に触れたい

生産現場で設備に触れていたい人は、生産技術の仕事に向いています。
なぜなら、生産技術の人は自分の手で設備を修理したり改善したりする機会が多いからです。
自分で機械をいじるのが好きな人にはおすすめです。

とにかくお金を稼ぎたい

とにかくお金を稼ぎたい人は、生産技術の仕事に向いています。
なぜなら、残業や休日出勤で時間外手当がつくので、働いた分だけ稼ぐことができるからです。
生産技術の仕事は嫌でも時間外労働が多くなりがちなので、多く稼ぎたい方にはおすすめです。

工場内で体を動かして仕事したい人

工場内で体を動かして仕事したい人は、生産技術の仕事が向いています。
なぜなら、生産技術の仕事は、工場内の設備のメンテナンスなど設備に触れている時間が長いため、体を動かす業務がメインになるからです。
デスクワークより現場で仕事したい人にはおすすめです。

設計に向いている人

設計に向いている人は下記のような人です。

設計に向いている人

✔️ 1から工程・設備を作り上げたい
✔️ ワークライフバランスを重視したい
✔️ デスクワークや実験室で仕事したい

1から工程・設備を作り上げたい

1から工程・設備を作り上げたい人は、設計の仕事が向いています。
なぜなら、設計の仕事は、自分の想像通りの工場の一部のラインを、ときには工場全体を設計できるからです。
自分で工場を作っている、その設備で製品が生産されているということに喜びを感じる方にはおすすめです。

ワークライフバランスを重視したい

ワークライフバランスを重視したい人は、設計の仕事が向いています。
なぜなら、設計の業務は過度に忙しい事もなく、残業や休日出勤も少なめだからです。
仕事もしっかりやりたいけど、仕事以外の時間もちゃんと確保したい方にはおすすめです。

デスクワークや実験室で仕事したい

デスクワークや実験室で仕事したい人は、設計の仕事が向いています。
なぜなら、設計の仕事はデスクワークがメインとなり、時に試験設備を使って仕事をする機会が多いからです。
具体的には、デスクに向かって黙々と計算したり、PCのCADソフトを使って図面を描いたりすることが苦ではない方におすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術と設計、どういった基準で選べばいいのかについては、下記の3つのポイントをした上で判断するといいでしょう。

生産技術と設計を選ぶ際の3つのポイント

✔️ 生産技術・設計の仕事内容で選ぶ
✔️ 残業・休日出勤の有無から選ぶ
✔️ 将来性から選ぶ

また、生産技術・設計の仕事に向いている人は下記のような人で、職種を選ぶ際の目安にしてみてください。

生産技術に向いている人

✔️ 生産現場で設備に触れたい
✔️ とにかくお金を多く稼ぎたい
✔️ 工場内で体を動かして仕事したい

設計に向いている人

✔️ 1から工程・設備を作り上げたい
✔️ ワークライフバランスを重視したい
✔️ デスクワークや実験室で仕事したい

最終的な判断はあなたの好みになると思います。

とはいえ、あなたの今の会社で社内転職(生産技術⇔設計)ができない場合も多いと思います。そういった場合は、別の会社への転職も視野に入れましょう。

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

若いうちに両方とも経験できるのであればチャレンジしてみることも有効です。やってみて自分の適正を判断されると確実かと思います。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!