【生産技術職の将来性は有望】今後活躍するために取り組むべき業務とは?

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術職の仕事の将来性はどうですか?
現役の生産技術職が将来のために今から取り組むべきことは何かありますか?

これから生産技術職に就職しようと考えている方は、生産技術という職種の将来性を気にされていると思います。
近年では、先端技術の進歩によって簡単な仕事はどんどんロボットに置き換えられてきています
そんな状況で、生産技術の仕事のやり方はどのように変化していくのでしょうか。
そして、生産技術職は今後どのような行動をとっていくべきでしょうか。

この記事では、現役の生産技術職がとして6年間勤務している私が、生産技術職の将来性と今後取り組むべきことについて解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術の仕事には将来性がある

結論、2021年現在では、生産技術の仕事の将来性はあると思います。
すくなくとも5年以上は、現在の仕事のやり方が続くと考えられます。
なぜなら、生産技術職の仕事である「設計」「設備改善」「設備保全」などの業務は、複雑かつ煩雑なため、すぐすぐロボットやAIに取って代わられるようなことはないからです。

例えば、現在の生産技術部門の現場は、5年前(私が生産技術部門に配属になった時期)とほとんど同じような働き方となっています。
生産技術の具体的な働き方については下の記事を参考にどうぞ。

5年間で具体的に変化した業務内容としては下記が挙げられます。

生産技術職で5年間で具体的に変化した業務内容

✔️ CAEを活用した業務が増えた

CAEとは「computer aided engineering 」の略で直訳すると計算機支援工学で、平たくいえば「PCを使った設計や設備改善」です。
具体的には構造解析ソフトを使った部品の強度確認や応力計算のことです。
このような、PCを用いた最新技術を取り入れた業務が増えてきた印象です。
今まで参考書を調べて手計算していた面倒な応力計算などは、こういったエンジニアリングツールの高機能化・高性能化によってどんどん簡単にできるようになるでしょう。
CAEについての詳細は下記の記事で解説しています。

生産技術の仕事を効率化する新しい技術は今後さらに増えていき、職場でも取り入れていくことになると思います。
これによって生産技術職の働き方は確実に楽な方向へシフトしていくと考えられますが、生産技術の仕事がなくなることは考えにくく、今後最低でも5年程度は活躍が期待される職種と言えるでしょう。

生産技術職が将来取り組むべき業務

生産技術職は複雑で高度な知識が要求される仕事であるため、すぐにはロボットに取って代わられることがなく、将来性の面では今後も多くの人が生産技術に従事することになるでしょう。
しかし、従来通りの働き方を継続していくだけでは、生産技術部門として会社へ価値を伸ばしていくことはできないでしょう。
なぜなら、世の中に有効な最新技術があるのに使わなければ、効率化や質の面で競合に負けてしまうからです。
生産技術職は最新技術をどんどん取り入れて将来の生産技術の仕事を効率化・高品質化していくことが求められているのです。

では、具体的に生産技術職はどのような技術を仕事に取り入れていく必要があるのでしょうか。
4つを下に示します。

生産技術職が将来取り組むべき業務

✔️ CAEの活用
✔️ 生産設備の自動化
✔️ ビッグデータの活用
✔️ AI技術の導入

それぞれ深掘りしていきます。

CAEの活用

生産技術職が将来取り組むべき業務の1つ目は、CAEの活用です。
CAEの活用を進めていく理由は、生産技術の仕事である設計業務の効率化できるからです。

一昔前は設計と言えば、参考書の公式を使い手で計算していました。
大規模な設備の設計の場合は、まず小スケールの試験設備を作りちゃんと狙い通りの性能が出せるか検証し、検討に多くの時間をかけてきました。
しかし、現在はCAEの活用によってPC上で設計から操業条件決定までをシミュレーションできるようになりました。
限られたリソースを使い低コストで質の高い設計をするにはCAEの活用が必要で、CAEを扱える技術者の確保や育成は必ず必要になってくると思われます。

生産設備の自動化

生産技術職が将来取り組むべき業務の2つ目は、生産技術の自動化です。
生産設備の自動化を進めていく理由は、作業者の安全性向上・品質安定化・生産コストダウンに貢献できるからです。

まず、生産設備の自動化によって作業者が介在しなくても製品を生産できるようになるため、生産に伴う作業者の災害リスクを圧倒的に減らすことができます。
さらに、人が介在しないことで、製品の品質にばらつきが発生しにくくなり、品質を安定化させることができます。
また、人を雇う必要がなくなるため人件費の削減も可能です。
今後さらに少子化が進み従業員を確保出来なくなる可能性が高く、生産設備の自動化を徐々に進めていくことは生産技術の重要な仕事になってくるでしょう。

ビッグデータの活用とAI技術の導入

生産技術職が将来取り組むべき業務の2つ目は、ビッグデータの活用とAI技術の導入です。
ビッグデータの活用とAI技術の導入を進めていく理由は、生産工程の膨大なデータを有効に活用でき、品質不良による損失を未然に防げるからです。

今までは出来上がった製品の検品を人が行うことが多くありました。
時間もコストもかかるうえ、品質不良をゼロにすることは困難でした。
生産量が増えればコストも比例して増加していきます。
しかし、ビッグデータが活用できるようになれば、生産工程途中の製品を写真で1つ1つ保存することができ、見逃しがなくなります。
さらにAIの導入によって膨大な画像データから不良の製品を抽出して弾くことができるようになります。
また、不良が発生している傾向から、どの設備でトラブルが起こってそうかなども明らかにできるかもしれません。
このようにビッグデータとAIによって、非常に効率的に情報処理が可能になるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術の仕事は、複雑で高度な知識を必要な職種であるため、今後すぐにはロボットに代わられな仕事であり、将来性の面で有望です。

しかし、10年後も今と同じような働き方をしていては、あなたの会社は競合に負けてしまうでしょう。
なぜなら、働き方が非効率だからです。
今後も生産技術職として会社に貢献していくには下記のような新技術を取り入れた働き方に変えていく必要があります。

生産技術職が将来取り組むべき業務

✔️ CAEの活用
✔️ 生産設備の自動化
✔️ ビッグデータの活用
✔️ AI技術の導入

将来、生産技術職としての活躍を確かなものにするためには新技術を取り入れる取り組みをしつつ、生産技術職の働き方を変えて業務を最適化していくことが重要だと思います。

いはいえ、各会社によってこれらのIOT技術の推進・取り組み状況はかなり異なる印象です。
そのため、今後も世の中の動向に波乗りして生産技術職として活躍していくためには、希望の仕事ができる会社へ転職することも視野に入れておくべきでしょう。

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!