【生産技術開発の仕事とは?】生産技術との違いと具体的な仕事内容

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術開発という職種がありますが、具体的にどんな仕事内容ですか?
生産技術職という職種もありますが、どのような違いがあるのですか?
教えてください。

このような疑問に答えます。

生産技術開発と生産技術、2つの言われ方をしますが、具体的に何が違うのかうまく説明できない人が多いと思います。
この記事では、現役の生産技術職として6年間勤務する私が、生産技術開発と生産技術の違いと、生産技術開発の具体的な仕事内容を紹介します。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術開発とは構想設計を行う職種

生産技術開発は、大きな職種の分類の中では生産技術職に分類され、その中で構想設計を行う部隊のことを指します。
そのため、生産技術開発職は、生産技術職とはイコールですが、研究開発職とは異なります。
少しわかりづらいので下記で詳しく解説していきます。

生産技術の仕事内容

生産技術の仕事は主に下記の2つに分類されます。

生産技術の仕事

✔︎ 設計業務
✔︎ 改善業務

特に設計業務が生産技術の主な業務になっています。
設計業務の仕事内容としては「製品の量産化設備をゼロから検討し立ち上げ・保守まで行う業務」を行います。
基本的な設計の流れは下記のようになっています。

上の図のように、設計検討の段階によってフェーズが分かれていて、基本的には全て生産技術の仕事です。
しかし、それぞれのフェーズによって仕事内容はけっこう異なります。
大きな会社の生産技術部隊は人数が多くなるため、設計検討フェーズごとに部署が分かれていることが多いです。
設計検討フェーズごとに担当する部門をまとめると、下記のようになります。

それぞれの設計検討フェーズを担当する部門

構想設計←生産技術部の仕事(とくに生産技術開発部が担当)
詳細設計←生産技術部の仕事
生産準備←生産技術部の仕事
設備保全←生産技術部の仕事(とくに工務部が担当)

このように、生産技術の仕事には設計検討のフェーズによって上記の4つに分けられます。

生産技術の仕事内容について詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

生産技術開発の詳しい仕事内容

生産技術開発の仕事内容は、上記でも述べているように構想設計フェーズを担う仕事です。

具体的には、下記の2つの業務を行います。

生産技術開発の仕事内容

✔︎ プロセス開発・工程設計
✔︎ 良品条件検討

それぞれ、詳しく説明していきます。

プロセス開発・工程設計

プロセス開発あるいは工程設計と言ったりします。
プロセス開発の業務は、製品をつくるための大まかな手順(効率的な生産プロセス)を決めていく業務です。

たとえば、わかりやすい例として「鶏の唐揚げを作る生産設備」をあげたいと思います。
唐揚げの作り方は下記のような感じです。

鶏もも肉を適当な大きさに切る

例:鶏の唐揚げを作る生産設備

→タレに漬け込む
→小麦粉を表面につける
→熱した油の中に入れる
→取り出して余計な油を切る

基本的な唐揚げの作り方は、このような感じです。
しかし、カレー風味の唐揚げにしたい場合は、小麦粉をつける工程でカレースパイスをあらかじめ小麦粉に混ぜておいたり、油で揚げた後にカレースパイスをふりかけたりと、数種類の手順があると思います。
どっちの手順(プロセス・工程)を選ぶかの基準は、「おいしい唐揚げを作る」という目的のもと決めていきます。
実際には、2つの手順を両方試してみて、おいしい唐揚げになった方を採用すればOKです。

このように、いくつかのプロセスを試験してみて、目標とする品質を満たした製品を作れる方法を模索していくのが、プロセス開発の仕事なのです。

良品条件検討

良品条件検討の業務は、製品をある基準以上の品質で生産するための最適な条件(良品条件)を決めていく業務です。

たとえば、また唐揚げを例にします。
おいしい唐揚げは衣がサクサクで中がジューシーなのがおいしいですよね。
サクサク・ジューシーに揚げるためには、油の温度と揚げ時間が影響してきそうです。
そこで、何度の温度で何分揚げるかを決めるために、いくつものパターンを試しておいしく揚る条件を見つけていきます。
また、使う鶏肉の種類もおいしさに影響してくるでしょう。
どこの品種の鶏肉を使うか、これも色々と試験を重ねて最適な鶏肉を選んでいきます。

このように、いくつかのパターンを試験してみて、目標とする品質を満たした製品を作れる条件を模索していくのが、良品条件検討の仕事なのです。

生産技術開発の仕事がしたい人

生産技術開発の仕事に興味があり就職したいと考えている人は、下記を参考にしてみてください。

生産技術開発の仕事をする方法

生産技術開発の仕事をするには、まずは生産技術部がある製造業を探しましょう。
なぜなら、上でも説明した通り、生産技術開発の仕事は生産技術職の業務の一部だからです。

また、生産技術開発の仕事(構想設計業務)だけをやりたい人は、生産技術開発部門がある会社に入社する必要があります。
なぜなら、生産技術開発部門がない場合は、通常の生産技術部門のみになるので、詳細設計や設備保全などの業務もやらなければならない可能性が高いからです。
たとえば、比較的大きな会社は生産技術部隊の人数が多いため、別に生産技術開発部門をかまえているところが多いです。
一方で、比較的小さな会社だと生産技術部のみで設計業務全般をやることになります。

生産技術開発に向いている人

生産技術開発に向いている人は、下記のような人です。

生産技術開発に向いている人

✔︎ 科学現象を見たり考えたりすることが好き
✔︎ 人と話したり議論したりすることが好き

科学現象を見たり考えたりすることが好き

科学現象を見たり考えたりすることが好きな人には向いていると思われます。
なぜなら、生産技術開発の業務は試験検討が多い業務だからです。
たとえば、ある科学現象を見て技術的な視点で考察を行い、次の計画を立てていくような仕事の仕方が要求されます。
大学の研究が好きだった人は向いていると思われます。
また、研究開発職に似ているところが多いです。

人と話したり議論したりすることが好き

人と話したり議論したりすることが好きな人にも向いていると思われます。
なぜなら、構想設計という設計フェーズの上流を担う仕事なので、研究開発職の人との関わりが多いからです。
たとえば、研究開発部門で開発した製品の特徴をヒアリングしたり技術的な議論をすることで、目標の量産体制まで持っていくような仕事が要求されます。
このようにコミュニケーション能力の高い人には向いていると思われます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術開発の仕事は、生産技術職の仕事の一部です。
とくに、一連の設計フェーズの中の上工程にあたる構想設計を担当するのが生産技術開発の仕事です。

主な仕事内容は下記の2つで、試験をかさねながら品質の良い製品を生産できるプロセスや条件を明確にしていきます。

生産技術開発の仕事

✔︎ プロセス開発・工程設計
✔︎ 良品条件検討

また、生産技術開発に向いている人は下記のような人です。

生産技術開発に向いている人

✔︎ 科学現象を見たり考えたりすることが好き
✔︎ 人と話したり議論したりすることが好き

生産技術開発の仕事は、生産技術職の仕事の中でも重要な設計フェーズを担っているため、会社のコストに対する影響度が大きいです。
その分、頑張っただけ自分の成果につながりますし、スキルもつきやすい職種なのではないかと思います。
ぜひあなたも挑戦してみてください。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!