【初心者必見】積立NISAの始め方をわかりやすく解説

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

投資初心者なのですが、積立NISAをやってみようと考えています。
始め方をわかりやすく教えてくれませんか?

このような疑問に答えます。

投資を始めたいけど何から手をつけていいのかわからない方は多いと思います。
私も投資を始めようとしたときそうでした。
今回紹介する「つみたてNISA」は国が推奨する投資制度の1つで、投資初心者を対象としていることもあり、比較的リスクの小さい投資と言えると思います。
今回は、「つみたてNISA」の始め方について、初心者でもわかりやすく解説していきます。

つみたてNISAを始める前の予備知識

まずは、つみたてNISAを始める前の予備知識として、国が推奨するつみたてNISA以外の投資制度も紹介します。
比較して、あなたの目的に合った投資制度を使うことがおすすめです。

つみたてNISAと一般NISA・iDeCoの違い

つみたてNISA・一般NISA・iDeCoの概要について、下の表にまとめました。

項目積立NISA一般NISAiDeCo
対象年齢20歳以上20歳以上20歳以上60歳未満
運用期間20年5年60歳まで(運用は70歳まで)
ロールオーバー40万円120万円加入者職業により異なる(14.4〜81.6万円)
年間非課税枠800万円600万円加入者職業により異なる
節税メリット運用益は非課税運用益は非課税運用益は非課税・掛金は所得控除
投資対象株式投資信託、ETF国内外株式、株式投資信託、ETF国内外株式、株式投資信託、ETF、定期預金など
投資方法定期積立制限なし定期積立
出金自由自由60歳まで不可
つみたてNISA・一般NISA・iDeCoの概要

それぞれ特徴があり、投資を始めるあなたの目的や状況に応じて、利用する制度を選ぶことをおすすめします。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットとしては、主に下記があげられます。

つみたてNISAのメリット

✔︎ 運用益が非課税になる
✔︎ 毎月無理なく少額から積み立てられる
✔︎ 最初に積立設定すればほったらかしOK
✔︎ 投資タイミングを考えなくてもいい
✔︎ いつでも換金ができる

運用益が非課税になる

まず1つ目に運用益が非課税になるのが、つみたてNISAの最大のメリットです。
通常の投資信託で利益確定(商品の評価額が上がった状態で売却し利益が発生)した場合、その利益に対して20.315%の税金がかかります
たとえば、800万円を元本に運用して売却時に900万円評価額だった場合、100万円の利益となります。
通常なら、この100万円に対して税金が課せられ、約20万円分を払わなければならず、手取り分は80万円となってしまいます。
しかし、つみたてNISA(一般NISA・iDeCoも同様)は非課税となり100万円をまるまる受け取ることが可能です。

毎月無理なく少額から積み立てられる

2つ目のメリットとして毎月無理なく少額から積み立てられることです。
ネットの証券会社でNISA口座を開設した場合、最低で100円から毎月の積み立てを行うことが可能です。
あなたの収入状況や生活スタイルに合わせて、積み立て金額を自由に決められるのは嬉しいですね。

最初に積立設定すればほったらかしOK

3つ目のメリットとして、積立設定をしてしまえば後は基本的にほったらかしでOKなことです。
ネットの証券会社でNISA口座を開設した場合、最初の積立設定を行えばあとは自動で毎月商品が購入されていくので、ほとんど手間がかかりません
具体的には、年1回程度の運用資産の見直し(リスクを取りすぎてないか確認)を実施するだけでOKなので、家庭や仕事に忙しい方に向いていると言えるでしょう。

投資タイミングを考えなくてもいい

4つ目のメリットとして、投資タイミングを考えなくてもいいことです。
投資と言うと商品が安いときに買って高いときに売るということを想像する方が多いですが、つみたて投資では定期的に(商品が高いときでも安い時でも)購入を続けることで購入額を平均化することができます(高いときに買ったり安いときに買ったりすることで、長期で見れば平均価格で購入しているのと同じことになる=ドルコスト平均法)。
テレビで見る株トレーダーのように毎日チャートを見続けるようなやり方は不要と言うことです。

いつでも換金ができる

5つ目のメリットとして、投資した運用資産はいつでも現金に換金することができることです。
20年と言う長期間運用を続けていると、ときに病気になったり、災害に見まわれたり、リストラされたりいろいろなことが起こる可能性があります。
そういったまとまった現金がどうしても必要なときに積み立てた金額をいつでも換金できるのです。
iDeCoでは60歳になるまで積立金額を換金することはできませんので、いつでも換金できるのはメリットと言えるでしょう。

つみたてNISAのデメリット

一方で、つみたてNISAのデメリットも事前に理解しておくべきです。
つみたてNISAの主なデメリットは下記があげられます。

つみたてNISAのデメリット

✔︎ 元本割れの可能性もある
✔︎ 年間の最高積立金額が40万円まで

元本割れの可能性もある

つみたてNISAで扱われている投資商品は国によって厳選された商品なので、比較的リスクが小さく優良なものが多い印象です。
しかし、投資信託という商品の性質上、毎年必ずリターンがプラスになることはなく、翌年は上がりそのまた翌年は下がりなどと、ランダムに上がったり下がったりしながら長期で平均的には上昇していくという値動きをします
そのため、ある時期では元本を下回る可能性も大いに考えられます。

年間の最高積立金額が40万円まで

つみたてNISAは年間40万円(月33,333円)までしか積み立てを行うことができません。
これ以上の余剰資金があっても、つみたてNISAの非課税枠は年間40万円までです。
まだまだ、投資にお金を回せるような方は、つみたてNISAとは別にiDeCoあるいは通常の投資信託に投資していくと良いでしょう。

つみたてNISAの始め方と手順

続いて、つみたてNISAの具体的な始め方を解説していきます。
始め方の流れは下記のような感じです。

つみたてNISAの始め方と手順

1.証券会社を決める
2.NISA口座を開設する
3.毎月の積立金額を決める
4.商品を選んで購入する

証券会社を決める

まずは証券会社を決めましょう。
証券会社とは、投資信託をはじめ有価証券の取引・売買を行なっている会社のことです。
具体的には、メガバンクや地方銀行、ネット証券会社などがあります。
中でもおすすめの証券会社は私も利用している「楽天証券」です。
理由としては、取扱商品数の多さと他社にはないポイントバック制度があるからです。
詳しくは別記事で記載します。

NISA口座を開設する

次に、選んだ証券会社でつみたてNISA口座を開設しましょう。
ネット証券の場合、事前に準備すべきものは、①スマートフォン②本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証)だけです。
NISA口座開設はスマホで全て完結し、手続き自体は15分程度あれば完了できると思います。

毎月の積立金額を決める

次に、積立金額を決めます。
最近のネット証券会社では超低額(楽天証券は毎月100円)から積立投資を行うことができます。
つみたてNISAの年間最大購入金額は40万円までですので、最大で毎月33,333円の積み立て設定が可能です。
積み立て投資は必ず余剰資金で行うようにして、無理なく続けられる額を設定することが大切です。
投資に使うお金が大きすぎて生活が逼迫するようでは長続きしません。

商品を選んで購入する

最後に、投資信託の商品を選んで購入設定を行えば完了です。
商品を選べと言われても選べる商品は170銘柄近く存在します。
そして中には比較的リスクの高いものもありますので、選ぶ際はよく考えることが大切です。
つみたてNISAは20年という長期間を使って積み立て続けることで利益を最大化できる投資方法となっています。
リスクを取りすぎて評価額が暴落して続けられなくなることを避けるためにも、自分のリスク許容度を知って、適切な投資商品を購入することをおすすめします

まとめ

いかがだったでしょうか。

つみたてNISAを始める前に、一般NISA・iDeCoについても検討して、自分の生活にあった投資制度を選ぶ、あるいは併用することも検討してみましょう。
また、つみたてNISAのメリット・デメリットを事前にしっかり理解することも大切です。
基本的にはつみたてNISAのデメリットは少なく、誰でも始めやすい投資の方法と言えるでしょう。

メリット

✔︎ 運用益が非課税になる
✔︎ 毎月無理なく少額から積み立てられる
✔︎ 最初に積立設定すればほったらかしOK
✔︎ 投資タイミングを考えなくてもいい
✔︎ いつでも換金ができる

デメリット

✔︎ 元本割れの可能性もある
✔︎ 年間の最高積立金額が40万円まで

また、実際のつみたてNISAの始め方は非常に簡単でスマホがあれば15分程度で手続きが完了できます。
具体的な手順は下記の通りです。

つみたてNISAの始め方と手順

1.証券会社を決める
2.NISA口座を開設する
3.毎月の積立金額を決める
4.商品を選んで購入する

この中でも、商品の選択は今後長期で資産運用していく上で非常に重要な選択になります。
まずは、自分の許容できるリスクがどのくらいなのかを念頭に計画していきましょう。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!