【生産技術に向いている人の特徴】7年経験した私が語る継続の秘訣とは?

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術の仕事に向いている人と向いていない人はどんな人ですか?向いていないと感じたら、今後どのような行動を取れば良いでしょうか?

このような疑問に答えます。

既に生産技術職として働いている方にとって、生産技術の仕事が自分に向いているか?というのは、今後長く活躍していく上で重要なポイントです。
しかし、もしも自分が向いていないと感じたら、どうすれば良いでしょうか?

この記事では、現役の生産技術者として7年間経験した私が、生産技術職に向いている人向いてない人の特徴と、向いていないと感じた際の対処法について詳しく解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術の仕事内容

まずは、生産技術の仕事についてです。生産技術は、工場で生産される製品をいかに品質良く低コストで早く生産できるかを技術的に検討する仕事です。

詳しい仕事内容について知りたい方は、下の記事に詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

>>>【生産技術の仕事内容】現役エンジニアがリアルな業務を具体的に解説

生産技術職に向いている人の特徴

私が生産技術の仕事を7年間してきて、生産技術職に向いているなと感じる人の特徴は下記のような人です。

生産技術職に向いている人の特徴

✔️ ものづくりに興味関心がある
✔️ 工場内で設備相手に仕事したい
✔️ コミュニケーション能力が高い
✔️ とにかくお金を稼ぎたい

このような人は、仕事に意欲を持ち、ある一定のモチベーションを保ちながら仕事ができているように見受けられます。そのため、貪欲に生産技術の仕事に打ち込めるため、会社で長く活躍していけるのだと思います。

それぞれ詳しく解説していきます。

ものづくりに興味関心がある

生産技術に向いている人は、ものづくりに興味関心がある人です。

なぜなら、工場の従業員の中で生産にもっとも密接に関わるのが生産技術職であり、製品が作られていくプロセスを好きになれる人に適正があるからです。

どんな仕事でもそうですが嫌々やっている仕事は周りからの信頼も得にくいですし仕事の成果も出しにくいものです。生産技術の場合はものづくりに興味がない人だとスキルアップも遅く、仕事も続かないと思います。

そのため、最低限ものづくりが興味がある人が生産技術職に向いていると言えるでしょう。

工場内で設備相手に仕事したい

工場内で設備相手に仕事したい人も、生産技術職に向いています。

理由は、デスクワークより工場の現場で設備を触れている時間の方が長いからです。

例えば、生産技術の主な業務である企画構想や設計、施工管理、設備立ち上げ、保全に至るまで、全て工場内の現場で設備を見たり触れたりする業務ばかりです。

このように、設備相手に仕事をしていきたい人は生産技術職に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

また、コミュニケーション能力が高い人は生産技術職に向いています。

というのも、生産技術職は部署間の調整業務があり、人に伝えて動かす能力が求められるからです。

例えば、生産技術の主な業務である設備メンテナンスでは、一時工場の操業を止めてやらなければなりません。その時、製造部門(現場)の方と折衝を重ねて生産スケジュールの調整などを決めていく必要があります。

その他、開発部門、品質保証部、品質管理部、設計部門など多くの部署との連携が必要なため、仕事を円滑に進めるためには高いコミュニケーション能力が必要で、コミュニケーション能力が高い人ほど生産技術職に向いていると言えるでしょう。

とにかくお金を稼ぎたい

また、とにかくお金を稼ぎたい人も、生産技術職に向いています。

なぜなら、生産技術職は設備相手に仕事する関係で、設備の停止した夜や休日に仕事することが多いからです。つまり、残業や休日出勤が多く時間外手当を多くもらえるからです。

例えば、若手で仕事に意欲的な方なら体力もあるはずなので、上司から仕事をたくさんもらって休日出勤や残業をして多く稼ぐことができるでしょう。

このように多く稼ぎたい方は生産技術職に向いていると言えます。

とはいえ、毎日残業では身体が持ちませんよね。上司と相談のうえ仕事の負荷調整を行いメリハリのある働き方をおすすめします。

>>>【生産技術職の年収は?】現役社員が語る年収アップするための意外な方法とは?

生産技術職に向いてない人の特徴

一方で、生産技術職に向いてない人の特徴は下記のような人です。

生産技術職に向いてない人の特徴

✔️ 残業や休日出勤をあまりしたくない
✔️ 危険な現場仕事をしたくない
✔️ 汚れる仕事をしたくない
✔️ 休日に仕事の電話対応をしたくない

これらは生産技術の仕事の中で特にきついとされる仕事です。

実際に私が勤める会社でも、上に挙げたような理由で辞めて行ってしまう方は多いです。このような生産技術の仕事を許容できない場合は、生産技術職を長く続けていけないかもしれません。

それぞれ詳しく解説していきます。

残業や休日出勤をあまりしたくない

残業や休日出勤を極力したくない人は、生産技術職に向かないでしょう。

なぜなら、生産技術職は設備の止まる夜や休日に仕事をすることが多いからです。

例えば、通常で月に2、3回の休日出勤があります。もちろん平日に代休は取得できますが、土日に家族みんなで出かけたりなど、できないことも増えてきます。また、友人や恋人との予定を合わせずらい場合もでてきます。プライベートを最優先したい方、家族サービスを重視したい方には生産技術職は向かないかもしれません。

危険な現場仕事をしたくない

また、危険な現場仕事を絶対にしたくない人は生産技術職に向かないでしょう。

理由は、工場内は少なからず危険があり怪我をするリスクは高いからです。特に設備に触れる機会の多い生産技術職はリスクが高いと言えるでしょう。

例えば、回転設備に巻き込まれて骨折した方や、鋭利な刃物で指を切創した方などいます。

とはいえ、当然安全対策は行われており死亡災害や重篤災害に至るケースはほとんどありません。しかし、リスクをゼロにすることは難しいのが現状です。

絶対に危険な作業はしたくないと言う方は生産技術職に向かないと思います。

汚れる仕事をしたくない

汚れる仕事をしたくない人も、生産技術職には向かないでしょう。

なぜなら、生産技術職は設備相手に作業することが多いため体を汚しやすいからです。

工場内は結構汚れる場所が多いです。例えば、多くの機械には潤滑油が使われていますし、いろいろな薬剤が使われていたりします。食品工場や製薬工場、精密機器工場でなければ工場内の掃除をすることもほとんどないでしょう。長年使っている設備ならホコリが積もっていきます。

このような場所で作業するため生産技術職は服を汚しやすいく、ツナギで作業する場合も多いです。こういった汚れる仕事をしたくない人は生産技術職に向かないでしょう。

休日に仕事の電話対応をしたくない

休日に仕事の電話対応をしたくない人は、生産技術職に向かないです。

なぜなら、設備の専門家である生産技術職には休日でも夜でも設備トラブルがあれば電話がかかってくるからです。場合によっては休み中でも出勤しなければならない時もあります。

例えば、24時間稼働の工場で設備がトラブって停止した場合、製品が製造できないため機会損失が発生します。損失を最小限に抑えるため生産技術職にはなるべく早い対応が必要とされるのです。

休み中でも会社から電話がかかってくるかもしれないと常にドキドキしている状態なので精神的にきついです。これが嫌な人は生産技術職に向かないと思います。

>>>【生産技術職は負け組?】経験者が語るリアルな生産技術の業務とは

>>>【生産技術はきつい?】つらい現状を変える3つの方法と隠れた魅力も紹介

現役生産技術職のあなたが向いていないと感じたら?

現役生産技術職のあなたが、生産技術の仕事が自分には向いていないと感じているなら、どうしたら良いでしょうか?

私の実体験に基づいてアドバイスできるとすれば、下記を試してみることをおすすめします。

生産技術に向いていないと感じるあなたがすべき行動

✔️ 働く工場を変えてみる(他社への転職・社内転職)
✔️ ITスキルを身につける(CAE・Pythonがおすすめ)

これらを実践したことで、私は生産技術職に向いていないと感じにくくなりましたし、むしろ、働きやすさが改善されて、成果も上がるようになりました。その具体的な方法について、これから詳しく解説していきます。

ちなみに、私の生産技術職として奮闘した7年間の体験談を知りたい方は下記記事からどうぞ。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び

働く工場を変えてみる(他社への転職・社内転職)

あなたが生産技術職に向いてないと感じたときにできる比較的すぐにできる対策としては、働く工場を変えてみることです。

なぜなら、生産技術の仕事は工場の種類によって、かなり働く環境が異なるからで、今より良い環境が絶対にあります。

実際に私はこれまで3つの工場を経験してきましたが、工場によって働きやすさはかなり異なりました。

結論から言うと、働きやすい工場は新しくキレイな工場で、大変な工場は古く汚い工場でした。働きやすい工場の詳細は「【生産技術はきつい?】つらい現状を変える3つの方法と隠れた魅力も紹介」で詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

このように、新しくキレイな工場を選べれば、自分が生産技術に向いていないと感じていても、仕事を長く続けていけると思います。

働く工場を変える具体的な方法

働く工場を変える具体的な方法としては、下記の2つがあります。

働く工場を変える具体的な方法

✔️ 他社への転職
✔️ 社内での転職(部署異動)

それぞれメリット・デメリットをまとめると下の表のような感じです。

働く工場を変える方法メリットデメリット
他社へ転職・人間関係をリセットできる
・新しい知識に触れられる
・前社の技術が活かせない可能性がある
・人脈を一から作る必要がある
社内転職・社内で習得した技術を活かした仕事ができる
・社内で得た人脈を引き続き活かせる
・異動できる他の生産技術部門があることが条件(小さい会社ではムリ)
働く工場を変える方法とメリット・デメリット

ちなみに私の場合は、社内転職を選びました。理由は、私の勤める会社は幸い大企業で、全国各地に工場が点在しており、異動先の候補があったからです。私はキレイな工場へ移れたことで、休日出勤や残業がなくなり、働き方をかなり改善することができました。

一方で、あなたの会社に異動候補となる工場がない場合は、他社への転職しかないでしょう。転職と言うと一見難しそうに思えますが、生産技術職は一般的に転職しやすい職種と言えます。

まずは転職サービスに登録して、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

>>>【生産技術職が転職しやすい理由】実現可能なキャリアパスと転職先

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

ITスキルを身につける(CAE・Pythonがおすすめ)

あなたが生産技術職に向いてないと感じたときにできる対策2つ目としては、ITスキルを身につけることです。

理由は、ITスキルを使った仕事ができるようになると、デスクでPCに向かって行う業務が増えます。その結果、工場で設備相手に仕事をする機会が少なくなり、休日出勤や休日に電話で呼び出されるようなこともなくなるからです。

具体的におすすめのITスキルとしては、下記が挙げられます。

おすすめのITスキル

✔️ CAE(PC上での解析シミュレーション技術)
✔️ プログラミング(Python言語の技術)

最近の製造業ではDX(デジタルトランスフォーメーション)の流れが強く、工場の生産は徐々にデジタル化していくものと思われます。特に、CAEやプログラミングといったスキルは、時代の流れ的に必ず必要となってくるため、将来的に重宝されるスキルとなっていくと思われます。

今回は特におすすめのITスキルとして、CAEとプログラミングについて解説します。

CAE(PC上での解析シミュレーション技術)

CAEとはComputer Aided Engineeringの略で、PC上で試験・検証や設計ができるツール・技術のことです。

従来は、生産プロセスや設備を導入する前に、必ず中規模試験機を購入して本当にうまく生産ができるのか検証する必要がありました。しかし、CAE技術を使うことで、試験検証の一部またはすべてをPC上で行うことができるため、設計コストを大幅に削減することが可能となっています。

この記事を書いている私自身、生産技術部門にいながらCAE技術を身につけ、現在はCAE技術者として勤務しています。今では、このCAE技術を身につけて本当によかったと思っています。なぜなら、成果を出しやすくなったことで周りからの評価が上がり、働き方も改善されたからです。もしあなたが現在の生産技術の仕事に不満があれば、CAE技術を身につけることで将来が開けてくるかも知れません。

プログラミング(Python言語の技術)

プログラミングスキルの中でも、特に製造業との相性がいいのがPython言語であり、Pythonのスキルの習得がおすすめです。

Pythonの用途としては、例えばAIによる品質管理システムの構築が挙げられます。従来は、製品の品質チェック(検品工程)を人の目で行うことが普通でした。そのため、工場の規模が大きくなるほど人件費がかさんだり、検品工程で時間がかかったりと大きなコストの要因となっていました。

しかし、AIを導入することで画像識別などで全自動で製品の検品を行うことができるため、大幅な製造コスト削減につながるのです。

AIに活用できるプログラミング技術は、今後CAEとの連携も可能になっていくと言われています。そのため、CAE技術とプログラミング技術の両方を習得しておくことは、将来あなたが活躍していく上でかなり大きな武器になってくるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術職に向いている人向いてない人はそれぞれ下記のような特徴があります。

生産技術職に向いてる人

✔️ ものづくりに興味関心がある
✔️ 工場内で設備相手に仕事したい
✔️ コミュニケーション能力が高い
✔️ とにかくお金を稼ぎたい

生産技術職に向いてない人

✔️ 残業や休日出勤をあまりしたくない
✔️ 危険な現場仕事をしたくない
✔️ 汚れる仕事をしたくない
✔️ 休日に仕事の電話対応をしたくない

もし、あなたが生産技術の仕事に向いていないかも?と感じたら次のような対策がおすすめです。

生産技術に向いていないと感じるあなたがすべき行動

✔️ 働く工場を変えてみる(他社への転職・社内転職)
✔️ ITスキルを身につける(CAE・Pythonがおすすめ)

私の経験上、工場が変わることで働きやすさがかなり改善される場合があります。この場合、キレイな工場へ移ることで改善される可能性が高いです。

また、ITスキルを身につけることで、製造現場よりの仕事が激減するため働きやすくなります。実際に私もCAE技術を習得してからデスク仕事が増えてだいぶストレスが減りました。

あなたの人生はあなたのものです。まずはできるところから少しずつ始めてみて、より良い未来を手に入れましょう。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!