【フォグランプの色の悩み】カラーチェンジLEDバルブがおすすめな理由

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

フォグランプをLEDに交換しようと考えているのです、黄色と白色のどちらにしようか悩んでいます。
それぞれのメリットはそのようなことですか?
また、おすすめの商品があれば教えてください。

このような疑問に答えます。

雨や霧の時にメインで使うフォグランプですが、最近ではファッション性も兼ねて夜間常時点灯させている方もいると思います。
また、フォグランプを選ぶ際、明るく視認性の高いLEDに交換する人が多いと思いますが、黄色や白色と色の種類があります。
このようなフォグランプの選び方やお勧め商品について紹介していきます。

フォグランプの色のメリット・デメリット

フォグランプの色には大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴を下にまとめてみました。

白色(ホワイト)

白色のフォグランプの特徴をまとめると下記のようになります。

白色フォグの特徴

✔︎ 日中のような自然な色味で夜間の視認性UP
✔︎ HID・LEDヘッドライトと色味が同じでファッション性に優れる

1つ目の特徴は、白色のライトだと太陽の光に近い色で夜道を照らしてくれるので、ドライバーは対象物の色をはっきりと認識することができるため、視認性に優れていることです。
一昔前の車はLEDだと光量が小さいものが多かったのですが、最近ではLEDの技術が向上し光量が大きく明るいものが出るようになってきました。
最近の車では白色のLEDフォグランプが標準装備されているものが多くなってきたので、視認性がよく安全運転できるのがメリットとして挙げられます。

また2つ目の特徴は、白色フォグランプの場合、純正HIDまたはLEDヘッドランプと色味が同じなので、車のフェイスに統一感が生まれカッコよく見せることができます。
一見美しく見える白色フォグランプですが、色が青っぽく見えてしまうものだと車検に通らない(理由は視認性低下)可能性が上がるため、真っ白か少し黄色味が入っているくらいの色を選ぶことをお勧めします。
色温度の目安は6000K(ケルビン)以下です。6000Kを超えるようなLEDだと青白く見えてしまうためNGです。
同じことがヘッドライトにも言えるため注意しましょう。

黄色(イエロー)

黄色のフォグランプの特徴をまとめると下記のようになります。

黄色フォグの特徴

✔︎ 悪天候時(特に雨)の路面の視認性UP
✔︎ 光の量は「白色フォグ」に劣る

1つ目の特徴は、雨天時の路面の視認性が上がると言うことです。
黄色は白色の光と比べて波長が短いと言う特徴があります。
そのため、濡れた路面でも黄色い光が水を透過して路面まで届くため、濡れた路面の状況がよく見えるようになります。
一方、白色フォグの場合、路面の水溜りの水面に光が反射するため、路面状況を把握するのが難しくなります。
そもそもフォグランプに本来の役割は、悪天候時の視認性確保で霧や雨の時に転倒するものとなっています。
なので、フォグランプ本来の使い方でしたら黄色の方がいいのかもしれません。

一方ですが、2つ目の特徴として、黄色LEDは白色LEDに比べて光量が小さい傾向になります。
そのため、白と黄のどちらが明るいかと言うと白色LEDとなります。
どちらか選ぶとしたら、夜間の視認性やファッション性を重視するなら「白色フォグ」、悪天候時の視認性を重視するなら「黄色フォグ」がお勧めだと思います。

暖色(白熱電球の色)

3つ目に暖色フォグランプもあります。暖色フォグの特徴は白色と黄色の間の特徴と言っていいと思います。
最近は白色のLED・HIDヘッドライトが主流になってきたので、暖色のライトだとちょっとチープに感じるかもしれません。
ただ、一昔前の車のほとんどは、フォグといえば暖色の白熱電球でした。

色で迷ったら「カラーチェンジLEDバルブ」がおすすめ

フォグランプの色選びでいろいろと悩んでしまいますが、この悩みを解決する商品があります。
それが、「カラーチェンジLEDバルブ」です。

カラーチェンジLEDバルブとは?

カラーチェンジLEDバルブの特徴としては、あらゆる走行シーンによって白色・黄色を自由に切り替え可能なところです。
手元のボタン一つでフォグランプの色を変えることができます。

カラーチェンジLEDバルブのメリットとしては、なんと言っても白色・黄色の両方のメリットを享受できるところです。
通常の夜間走行の場合は白色フォグとして使用し、雨天で路面状況の悪い場合は黄色フォグを使用すると言うように、走行シーンにあわせて安全な運転ができるところだと思います。
LEDバルブの取り付け方も、普通のバルブと同様に既存のバルブと交換するだけで使用できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

フォグランプには白色・黄色・暖色の3つの色があり自分の好みに合わせて選んでみましょう。
ただし、今回一番お勧めしたいのは「カラーチェンジLEDバルブ」です。
これは白色・黄色と両方の色を出すことができ、手元のボタン1つで切り替えできます。
走行シーンによらず視認性が向上するので安全運転へ寄与すること間違い無いでしょう。
フォグランプに色で困ったら、このカラーチェンジLEDバルブで決まりです。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!