【2022年・安くて速い車】100万で買える300馬力越えおすすめ車両

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

速い車は基本的に車両価格が高めです。
安くて速い車を買うにはどうしたらいいでしょう?
安くて速いおすすめの車種もあれば教えてください。

このような疑問に答えます。

パワーがあって速い車は、実際に行動で走らせるにはオーバースペックと思われるかもしれませんが、ありあまるパワーを秘めていると言うだけで普段のドライブが高揚するでしょう。
実用的にも、高速道路の巡航が楽になったり、合流・追い越しが快適になったりとメリットも大きいです。
しかし、いざパワーがあって速い車を買おうとすると、どうしてもエンジンが大きい車になりがちで、車両価格は高額になっていきます。
特に新車ではなかなか手が出しづらいのが現状です。
この記事では、安くて速い車を買う方法と、2020年現在のおすすめの車種を紹介していきます。

そもそも安くて速い車とは?

そもそも安くて速い車とはどのような車のことを言うのでしょうか?
ここでは、「安くて速い車」を下記のように提起します。

安くて速い車

✔︎ 中古なら100万円までで購入できる
✔︎ 最高出力300PS(馬力)以上
✔︎ 最高トルク35kgf・m以上

これらを満たした車なら、十分に安くて速いと言えるのではないかと思います。
なぜなら、市販車で上記のスペックを満たした車は非常に少ない車種しかないからです。
しかも、そのほとんどは高級な車に分類されます。

とはいえ、実際どのくらい速いのかわからないよ!と言う人は、一度300馬力相当の試乗車に乗ってみることをおすすめします。
なぜなら、あなたの身をもって速い車の「速さ」を体感することができるからです。
例えば、現行の日産スカイライン(2020年モデル)はV6ツインターボエンジンの300馬力相当の車がありますので、お近くの日産ディーラーへ行ってみると良いでしょう。

安くて速い車を買いたいなら中古車がおすすめ

安くて速い車を買いたいなら中古車を選ぶことをおすすめします。
なぜなら、価格のわりに高出力のエンジンを積んだ車が多く出回っているからです。
たとえば、走行距離が多い中古車なら、その車の新車価格の半分以下で購入できる車が多くあります。
走行距離が多いとはいえ、安い金額で高出力エンジンを享受できると言う点では、かなりおすすめです。

特に、10万kmの走行距離を超えた中古車は、価格が一気に下がる傾向があるためおすすめです。
中古車価格が下がる理由は、車の消耗部品の交換が必要になってくる可能性が高くなるからです。
しかし、最近の国産車は10万kmを超えても消耗部品交換が起きにくいため、走行距離が多い車でも比較的安心して選べると思います。

安くて速い車を一挙紹介

それでは早速、安くて速い車を紹介していきます。

国産車の安くて速い車

国産車は、安く買ったのち維持費も安く長く乗り続けていきたい人におすすめです。
なぜなら、国産車は大台の走行距離10万kmを超えたとしても故障の可能性が低く、必要最低限の部品交換・修理費で維持していけるからです。
下で紹介する車達は、どれも新車だと高級車の部類に入ると思いますが、比較的維持費がかかりにくいと思われます。
たとえば、この記事を買いているわたしはスカイラインクーペを5万kmの時に購入しましたが、5年間13万kmまで走っても大きな故障はありませんでした
そのため、安く買って安く維持できる点で国産の早い車はおすすめです。

日産 フェアレディZ

例)350GTバージョンST後期(CBA-Z33)、年式:2008年、走行距離:8.0万km、車両価格:98万円、最高出力:313ps(230kW)/6800rpm、最高トルク:36.5kgf・m(358N・m)/4800rpm

日産 スカイラインクーペ(スカイライン、クロスオーバー)

例)370GTタイプSP(DBA-CKV36)、年式:2009年、走行距離:6.8万km、車両価格:98万円、最高出力:333ps(245kW)/7000rpm、最高トルク:37.0kgf・m(363N・m)/5200rpm

日産 フーガ

例)370GT(DBA-KY51)、年式:2011年、走行距離:9.9万km、車両価格:99万円、最高出力:333ps(245kW)/7000rpm、最高トルク:37.0kgf・m(363N・m)/5200rpm

レクサス IS

例)IS350バージョンL(DBA-GSE21)、年式:2009年、走行距離:8.7万km、車両価格:59.8万円、最高出力:318ps(234kW)/6400rpm、最高トルク:38.7kgf・m(380N・m)/4800rpm

トヨタ クラウン

例)3.5アスリート(DBA-GRS204)、年式:2011年、走行距離:6.2万km、車両価格:99.9万円、最高出力:315ps(232kW)/6400rpm、最高トルク:38.4kgf・m(377N・m)/4800rpm

輸入車の安くて速い車

一方で、輸入車は、買ったのちにしっかりメンテナンスしながら乗っていきたい人におすすめです。
なぜなら、輸入車の設計思想が消耗品を交換しながら走りのパフォーマンスを維持するように作られているからです。
国産車のようにノーメンテナンスでいこうと考えていると、たびたび故障に悩まされるでしょう。
特に走行距離の多い輸入車は部品交換頻度が高くなっていくため、そのへんのメンテナンス費用を考慮した購入が必要です。
現に、私の友人はBMWの3シリーズを購入しましたが、度重なる部品交換が発生し2年で手放すことになりました
そのため、輸入車はメンテナンスも含めて付き合っていける人にはおすすめです。

BMW 3シリーズ(クーペ)

例)335i(ABA-VS35)、年式:2008年、走行距離:7.8万km、車両価格:83万円、最高出力:306ps(225kW)/5800rpm、最高トルク:40.8kgf・m(400N・m)/1300rpm

アウディ A6

例)3.0TFSIクワトロ4WD(ABA-4GCGWS)、年式:2011年、走行距離:9.8万km、車両価格:99万円、最高出力:300ps(220kW)/5250rpm、最高トルク:44.9kgf・m(440N・m)/2900rpm

ボルボ V70

例)T-6TE AWD(CBA-BB6304TW)、年式:2008年、走行距離:7.8万km、車両価格:69.8万円、最高出力:304ps(224kW)/5600rpm、最高トルク:44.9kgf・m(440N・m)/2100rpm

BMW 6シリーズクーペ

BMW 6 Series Coupe Special Edition (05/2010)

例)650i(ABA-EH48)、年式:2007年、走行距離:6.7万km、車両価格:79万円、最高出力:367ps(270kW)/6300rpm、最高トルク:50.0kgf・m(490N・m)/3400rpm

まとめ

いかがだったでしょうか。

安くて速い車を探している人は、100万円以下で最高出力300ps以上、最高トルク35kgf・m以上の車を中古で見つけることができます。
最高出力300ps以上、最高トルク35kgf・m以上のスペックを持った車なら圧倒的な速さを体感することができ、公道でレーサー気分を味わえます。
もし、体感したことがなければ、高出力エンジンを積んだ試乗車に乗ってみることをおすすめします。

100万円以下でも、国産車・輸入車ともに速い車が中古で出回っています。
特に上で紹介した車種はおすすめです。ぜひ検討してみてください。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!