生産技術職は英語スキル必要?英語習得のメリットを詳しく解説

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術の仕事をする上で、英語のスキルは必要ですか?

このような疑問に答えます。

現在、生産技術職として働いている方で、将来のキャリアアップを目指して英語スキルを習得しようと考えている方は多いと思います。
しかし、今現在英語を使って仕事をしていない方は、いまいち英語スキルの必要性がわからないものと思われます。
この記事では、現役の生産技術職として6年間勤務している私が、生産技術職の英語スキルの必要性や、英語スキルを身につけておくメリットについて解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術の仕事で英語スキルは必要

結論、生産技術の仕事で英語スキルは必要かどうかというと、英語スキルがあった方がいいでしょう。
なぜなら、生産技術職として仕事をしていく上で、あなたにとって将来的なメリットが大きいからです。
具体的には、下記のようなメリットが挙げられます。

生産技術職で英語を身につけるメリット

✔️ 英語を強みに仕事ができる
✔️ 海外駐在で給与が2倍

それぞれ深掘りしていきましょう。

英語を強みに仕事ができる

生産技術職で英語を身につけるメリットの1つ目は、英語を強みに仕事ができることです。
なぜなら、生産技術部門の人で英語が出来る人は多くなく、英語のスキルがあるだけで重宝されるからです。

実際に、私は4つの工場で生産技術の仕事をしてきましたが、英語を得意とする人はほとんどいませんでした。
具体的なレベルとしては、英語ができる人でもTOEIC500点くらいでした。

では、生産技術職で英語ができる人は誰もいないかというとそうではなく、英語スキルのある人は海外の事業所に駐在あるいは定期的に訪問する形で、仕事をしている人が多いです。
つまり、海外の工場の生産技術を主に担当しています。
ですので、生産技術のスキルと英語のスキルを両方使って仕事ができる人は、生産技術部門の中でも限られた人材となるため重宝されるのです。

海外駐在で給与が2倍

生産技術職で英語を身につけるメリットの2つ目は、海外駐在できれば給与が2倍になることです。
なぜなら、海外赴任手当というものもらえるからです。
正確には海外赴任手当をもらって給与が2倍になるかどうかは、会社によって異なりますが、日本で生産技術の仕事をするよりは圧倒的に多くの給与をもらえるはずです。

私の勤める会社は大企業メーカーになりますが、海外駐在の方は約2倍の給与をもらっています。
内訳としては、「日本で勤務した場合にもらえる基本給」+「現地工場の給与(海外赴任手当)」となっています。
給与面については、大変メリットの大きい働き方だと思います。

生産技術職として英語スキルを身につけたほうがいい人

生産技術職として英語スキルを身につけるメリットについて述べてきましたが、実際に英語スキルを身につけるべき人は下記のような人です。

生産技術職として英語スキルを身につけたほうがいい人

✔️ 海外を拠点に生産技術の仕事をしたい人
✔️ 給与アップを狙いたい人

海外を拠点に生産技術の仕事をしたい人

生産技術職として英語スキルを身につけたほうがいい人は、海外を拠点に生産技術の仕事をしたい人です。
なぜなら、海外拠点で仕事をしたい場合、現地の工場作業員の方や関係者と、当然、英語でコミュニケーションを取る必要があるからです。
海外拠点でも円滑に仕事を進めていくには、ある一定以上の英語スキルが必要です。

給与アップを狙いたい人

生産技術職として英語スキルを身につけたほうがいい人は、給与アップを狙いたい人です。
なぜなら、先にも述べてきたように、日本企業に就職して海外赴任する場合、手当が多くもらえるからです。
会社にもよりますが、日本国内で普通に生産技術の仕事をする場合の約2倍の給与をもらえる可能性があります。
海外赴任に抵抗がなければ、生産技術のスキルはそのままに年収アップさせる効果的な方法と言えるでしょう。

生産技術の仕事をしつつ英語スキルを習得する方法

生産技術の仕事をしつつ英語スキルを習得する方法は、大きく分けて下記の2つです。

英語スキルを習得する方法

✔️ あなたの会社の英語学習制度を利用する
✔️ 自主的に外部の英語学習サービスを利用する

あなたの会社の英語学習制度を利用する

生産技術の仕事をしつつ英語スキルを習得する方法の1つ目は、あなたの会社の英語学習制度を利用する方法です。
英語学習を推奨している会社は多く、特にグローバルな企業ほどその傾向があります。
会社の英語学習制度を使うメリットは下記が挙げられます。

会社の英語学習制度を使うメリット

✔️ 受講料が会社負担の場合が多い
✔️ 勤務時期中に英語学習できる場合もある

基本的に会社のお金・会社での時間を使って英語学習できるのが最大のメリットとなります。
あなたの勤める会社に英語学習制度が有れば積極的に使いましょう。
お金と時間の節約になります。

自主的に外部の英語学習サービスを利用する

生産技術の仕事をしつつ英語スキルを習得する方法の2つ目は、自主的に外部の英語学習サービスを利用することです。
外部の英語学習サービスを使うメリットは下記の通りです。

外部の英語学習サービスを使うメリット

✔️ 多くの英語教材の中から自分に合った教材を選べる

あなたの会社に英語学習制度があれば使ったほうがいいですが、会社で選べる教材が自分に合っていない場合、会社の教材を使い続けるのは得策ではありません。
とはいえ、英語教材の種類が多すぎて選べない場合は、まず無料モニターから始めることをおすすめします。
まず教材を利用してみて自分に合っているかどうか判断するといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術の仕事をする上で、英語スキルは高めておく必要があります。
理由は下記のようなメリットがあるからです。

生産技術職で英語を身につけるメリット

✔️ 英語を強みに仕事ができる
✔️ 海外駐在で給与が2倍

特に、今後、生産技術職として海外を中心にスキルを積みたい方や、年収アップを狙いたい方は、英語スキルを身につけておくと将来の選択肢がグンと広がるでしょう。

また、生産技術の仕事をしながら英語学習をしていくには下記の方法があります。

生産技術の仕事をしながら英語学習をしていく方法

✔️ 受講料が会社負担の場合が多い
✔️ 勤務時期中に英語学習できる場合もある

あなたに合った英語学習サービスを選ぶことが、英語スキル上達の近道になるでしょう。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!