【化学系の就職先】化学系出身者が活躍できる業界・職種を解説

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

現在、化学系の学部に在籍していて就職活動を行っています。
しかし、なかなか希望の就職先を決められずに困っています。
化学系の学生はどのような業界・職種に就職できるのでしょうか?

この様な疑問に答えます。

この記事を書いている私は、化学系の大学(正確には化学工学専攻の大学院)を卒業して、現在は大手メーカーに生産技術職として勤務しています。
私も学生の頃はどこに就職しようかいろいろ悩みましたので、化学系の学生が就職先に困るのはよくあるのことと思います。
この記事では、化学系就活生のために、化学系の学生が就職先を決められない理由と、活躍できる業界や職種について解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

化学系学生が就職先を決められない理由

私自身、化学系として就職活動をしてきて感じることは、化学系学生が就職先を悩むことは多いということです。
というのも、化学系学生が就職先を決められない理由は主に下記の2つになると思います。

化学系学生が就職先を決められない理由

✔️ 化学の知識が活かせる分野が広すぎるから
✔️ 自分の知識がどの業界・職種で活かせるかわからないから

化学の知識が活かせる分野が広すぎるから

まず、化学系学生が就職先を決められない1つ目の理由は、就職後、化学の知識が活かせる分野が広すぎるからです。
というのも、化学の知識は学校の教科の1つになるほど一般的な分野であり、その化学の分野の専門家である化学系の学生はさまざまな業界のさまざまな職種で重宝され、引く手あまたです。
そのため、候補となる就職先が多くなりすぎて選べないのです。

自分の化学の知識がどのように活かせるかわからないから

また、化学系学生が就職先を決められない2つ目の理由は、自分の知識がどの業界・職種で活かせるかわからないからです。
というのも、化学系の学生は大学で教わる教育だけでは、就職後の働くイメージをよく想像できないからです。
化学系の学生は、一般的な化学の教養を学部の1〜2年生で学び、その後は研究室に所属して毎日研究を行います。
化学分野に関する知識や経験は身につくのですが、それを社会でどう活かせばいいかいまいちわからないのです。

化学系学生が活躍できる業界・職種

それでは、化学系学生が活躍できる業界・職種について紹介していきます。

化学系学生が活躍できる業界

まず、化学系学生が活躍できる主な業界は下記です。

化学系学生が活躍できる業界

✔️ メーカー業界(製造業全般)
✔️ インフラ業界(ガス・電気・エネルギー)
✔️ サービス業(教育業・コンサルティング)

それぞれ詳しく紹介していきます。

メーカー業(製造業全般)

化学系学生が活躍できる業界の1つ目は、メーカー業で、ものづくりに携わる事業を展開している製造業全般になります。

メーカー

メーカーとは、自社工場を持ちその工場で製品を作って販売している企業(製造業)を指します。

理由は、ものづくりをする際、必ず化学の知識が必要になるからです。
製造業の中にも様々なジャンルがあり、つくっているものも企業によって多種多様です。
しかし、そこで扱っている材料・物質の化学的特性を考慮しながら、目的のものを作っていく過程で、化学の深い知識が必要不可欠になります。

製造業のものづくりは、簡単に言うと下記のような構造になっています。

メーカーの種類

1:素材メーカー(部品の材料となる素材を作る)
2:加工・部品メーカー(製品組み立て前の部品を作る)
3:完成品メーカー(部品を組み上げて製品を作る)

上から下に向かって(1から3に向かって)、さまざまな企業を経由して、製品が流れていく感じです。
それぞれの製造業で1〜3のどこに位置するかが異なっています。

素材メーカー

素材メーカーは、製品の基礎の基礎となる素材(材料)を作るメーカーです。
金属、樹脂、ガラス、セメント、ゴムなど多種多様です。
材料固有の特性をしっかり理解して、顧客ユーザーの要求に沿った材料を作る必要があります。
また、新材料を開発したりもします。
ほぼ全ての企業の顧客は法人となるため、B to Bの企業と言えます。

具体例な素材メーカー

AGC、東レ、三菱ケミカル、旭化成、日本製鐵、JFEスチール、などなど・・・

加工・部品メーカー

加工・部品メーカーは、素材メーカーから材料を仕入れて、それを自社工場で加工して部品を作り、顧客である完成品メーカーへ出荷しています。
仕入れた材料に処理を施すことで、材料の強度を上げたり、化学的な特性を良くしたりします。
材料固有の特性を理解するのはもちろんのこと、材料加工における化学現象の理解も必要です。

具体的な加工・材料メーカー

アイシン精機、デンソー、ブリヂストン、などなど・・・

完成品メーカー

完成品メーカーは、部品メーカーから部品を購入して製品を組み立てを行います。
例えば自動車メーカーが完成品メーカーに該当します。
安全で高品質な自動車を作るためには、適切な素材で、適切に加工された部品を調達する必要があります。
例えば、どんな材料を使って、どんな処理を施せば設計通りの車が作れるか、吟味しなければなりません。
それを事前に検証するためには化学の知識が必要です。

具体的な完成品メーカー

トヨタ自動車、SONY、東芝、などなど・・・

インフラ業界(ガス・電気・エネルギー)

化学系学生が活躍できる業界の2つ目は、インフラ業で、人々の生活の基盤を作っているガス会社、発電所、エネルギー関連企業になります。

インフラ

人々の生活の基盤となるもので、ここではガス・電気などのライフラインを指します。

理由は、ガス・電気・エネルギーの会社において、自社設備の保守・管理し安全に滞りなく国民に供給するためには、化学の深い知識が必要不可欠だからです。

具体的なインフラ企業

東京電力、東京ガス、高圧ガス保安協会、などなど・・・

サービス業(教育業・コンサルティング)

化学系学生が活躍できる業界の3つ目は、サービス業で、主に化学の深い知識を人に教える教員や、化学の知識を使って技術的に困っている人に助言するコンサルが該当します。
理由は、化学の専門家じゃないと人に教えられないことが、世の中にはたくさんあるからです。

具体的な就職先

学校教員、予備校講師、コンサルティング会社などなど・・・

化学系学生が活躍できる職種

次に、化学系学生が活躍できる主な職種は下記です。

化学系学生が活躍できる職種

✔️ 研究開発職
✔️ 生産技術職
✔️ 技術営業(MR含む)
✔️ 教員

それぞれ詳しく紹介していきます。

研究開発職

化学系学生が活躍できる1つ目の職種は、研究開発職です。
なぜなら、化学系学生は研究室に所属して試験や検証を行う経験をすでにしており、ある一定のスキルが身に付いているからです。

具体的には、メーカーの研究開発職に就職できます。
実際に、私の大学時代の同期たちも、現在仕事で研究開発をしている方が多いです。
ただし、新卒採用されていきなり活躍できる人材になれるわけではありません。各企業ごとに特有の技術・ノウハウがありますので、勉強しつつ仕事をしていくことが大切です。

また、化学系の研究開発職は競争率が高い傾向があります。
他の社員も同様に化学専攻ですので、人よりも勉強し、よく考えて、自分の成果を出していくことが重要です。

生産技術職

化学系学生が活躍できる2つ目の職種は、生産技術職です。
なぜなら、化学系学生は学生の時に習得した化学の知識を駆使して、生産技術の仕事であるプロセス設計、設備設計を担うことができるからです。

具体的には、メーカーの生産技術職に就職できます。
実際に私は化学系として生産技術の仕事をしています。
生産技術部門は、機械科や電気電子専攻の学生がほとんどです。
その理由は、設備設計には機械と電気の知識が必要だからです。
しかし、設計のより上流のプロセス設計には、化学反応や伝熱工学、移動現象論などを用いた検討が必要となります。
これらは化学系学生が得意とする分野となるため、生産技術部門で化学系の学生は重宝されるのです。

生産技術のより詳しい内容は下記で解説しています。

技術営業(MRも含む)

化学系学生が活躍できる3つ目の職種は、技術営業です。
なぜなら、化学系学生は学生の時に習得した化学の知識を駆使して、より技術的に詳しい説明をすることができ、高度な営業が可能になるからです。

営業職はしばしば文系出身の方が担当します。
しかし、専門的な知識は理系には及ばない場合が多いです。
そういった場合に、化学系の技術営業の出番となります。
顧客ユーザーと専門的な議論が可能なため、ユーザーにより深く自社商品の宣伝ができますし、ユーザーの疑問にも的確に回答できます。

人と話すのが好きな人にはおすすめの職種だと思います。

教員

化学系学生が活躍できる4つ目の職種は、教員です。
なぜなら、化学系学生は学生の時に習得した化学の知識をそのまま生徒たちに教えることで、仕事ができるからです。

教員の具体的な仕事内容はご存知の通りと思います。
学校に通っていた方なら、必ず目にしている先生の姿です。
難しい内容を噛み砕いてわかりやすく教えるスキルが必要ですが、今すでに持っている化学の知識をそのまま使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

化学系学生が就職先を決められない理由は、主に下記のような理由です。

化学系学生が就職先を決められない理由

✔️ 化学の知識が活かせる分野が広すぎるから
✔️ 自分の知識がどの業界・職種で活かせるかわからないから

化学系の知識は、さまざまな分野で広く活用できますが、適用できる分野が広すぎて悩んでしまうのです。

また、化学系学生が活躍できる業界・職種は下記のようなところです。

化学系学生が活躍できる業界

✔️ メーカー業界(製造業全般)
✔️ インフラ業界(ガス・電気・エネルギー)
✔️ サービス業(教育業・コンサルティング)

化学系学生が活躍できる職種

✔️ 研究開発職
✔️ 生産技術職
✔️ 技術営業(MR含む)
✔️ 教員

就職活動は自分を見つめ直すいい機会ですので、自分には何ができて、将来どんな働き方をしていきたいのか、多少時間がかかっても、よく考えるべきと思います。

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!