【生産技術職が転職しやすい理由】実現可能なキャリアパスと転職先

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!

あなた

生産技術職は転職しやすいですか?
異業種・異職種への転職もしやすいですか?
具体的な転職先はどこですか?

このような疑問に答えます。

生産技術の仕事は、配属された工場によって働き方が大きく異なり、毎日定時で帰れる様なところもあれば、残業や休日出勤が多くきつい職場もあります。
良い環境で働けているのであればいいのですが、きつい職場環境で定年まで続けるのを回避するためにも転職するべきです
この記事では、生産技術職は転職しやすいのか?異業種・異職種への転職も可能か?具体的にどこへ転職できる可能性があるのか?について解説していきます。

>>>【体験談まとめ】とある生産技術エンジニアの末路・7年間の苦悩と学び
↑興味ある方はどうぞ。

生産技術は転職しやすい理由

結論から言うと、生産技術職は転職しやすい職種と言えます。
なぜなら、生産技術のスキルは製造業の企業では会社の利益に直結する重要な職種であり、業種は異なってもほとんどの企業でどこでも共通で使えるスキルだからです。

生産技術とは、開発された製品をいかに高品質・低コスト・短納期で生産できるかを技術的な側面から考える技術のことです。
実際に、あらゆる分野の製造業メーカーでは、多くの生産技術職の方が活躍されており、製品を効率よく生産するためにはなくてはならない職業です。

また、今の会社から異なる業界の会社に転職したとしても、生産技術のスキルはそのまま適用できます。
生産する製品は変わっても、設備に関する知識や量産化に関する技術があれば、どこでも仕事ができるのです。
実際に私が現在勤める会社でも、中途採用で入社してくる方は異業種の方が多いです。
逆に、転職していく方でも異業種の会社へ転職を決める人が大半です。

この様なことから、生産技術は転職先の業種によらず、これまでもキャリアを活かしてキャリアアップしていくことができるため、転職しやすい職種と言えるでしょう。

異職種へも転職しやすい

また、生産技術職は異業種だけでなく異職種(開発、製造、生産管理、品質管理、技術営業など)への転職も可能です。
なぜなら、生産技術職は生産設備や製品の作られるプロセスに関する知識が豊富なため、他の職種でも最終的な製品化を視野に入れた検討ができるからです。

たとえば、開発部門に転職した場合です。
仮に開発部門ですばらしい製品が開発できたとしましょう。
しかし、これを量産化できなければ会社は一円も稼ぐことができないのです。
量産に適した製品の形状やその他の仕様を開発段階から検討できれば、開発スピードもアップしますし、品質の高い製品を作れるはずです。

また、品質管理部門に転職できた場合です。
仮に、自社製品の品質不良が起こったとしましょう。
生産技術で得られた製品の作られるプロセスの深い理解があればし、品質不良の原因の究明が迅速に行えるはずです。

このように、生産技術の仕事で得られた経験やスキルは、他の職種に転職したとしてもかなり応用できるので、転職可能ですし活躍も期待できます

英語スキルがあれば海外拠点へも転職しやすい

さらに、生産技術職は海外拠点にも転職しやすいです。
なぜなら、海外に事業所や工場を持つ日本企業は多く、どこも海外駐在できる生産技術者を欲しているからです。

実際に、私の勤める会社でもタイ、メキシコ、アメリカなど多くの国に工場を持っています。
現地の工場では生産技術職を欲していますが、現地で英語で円滑にコミュニケーションできる生産技術者が少ないのが現状です。
生産技術のキャリアを持ち、なおかつ英語スキルもある人材は多くの製造業で重要な人材であると言えます。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

生産技術の転職に資格は必要か?

生産技術の転職に資格は必要かという点については、必要な場合と必要でない場合があります。
具体的には下記です。

生産技術の転職に資格は必要か?

✔︎ 異業種から生産技術への転職 → 資格があると有利
✔︎ 生産技術から生産技術への転職 → 資格がなくてもいい(※実績重視)

異業種から生産技術への転職では資格があると有利

生産技術職は異業種・異職種ともに転職しやすい職種ですが、逆に他の職種から生産技術への転職は難しい面もあります
なぜなら、生産技術職には必須な技術的スキルがいくつかあり、他から転職してきてすぐに戦力になることは難しいからです。

例えば、生産技術の仕事に必須なスキルは下記の様なものがあります。

生産技術で必須な資格

✔︎ CAD利用技術者
✔︎ 計算力学技術者(CAE技術者)

近年、設備設計や設備改善など、生産技術の仕事のほとんどの場面でCAD(ほとんどは2次元CAD)が使われており、CADソフトを扱えることは生産技術の最低限のスキルとなっています。
さらに、最近は3次元CADの普及により、3次元CADが扱える生産技術者も多くなってきています。
また、部品の強度計算などが可能な構造解析ソフト(設計者CAEとも言います)も、自動車業界の生産技術部門を中心に当たり前になってきています。
そういった点で、転職してすぐに生産技術の仕事ができることをアピールするためにも、CAD・CAEのスキル・資格は持っていて損はないでしょう。

生産技術から生産技術への転職では実績が重要視される

一方で、生産技術から再び生産技術への転職(キャリアアップ)を行う場合は、資格はそこまで重視されず、いままでのキャリアの内容が重視されます。
なぜなら、生産技術の仕事が優秀にできるどうかは資格の有無では判断できず、前職の実績から判断する方が理にかなっているからです。

たとえば、私の会社にも中途採用で入社された方が多いですが、聞いたところによると特に資格を保有してはいませんでした。
選考では、前の会社で実際にやってきた生産技術の仕事内容について焦点が当てられ、そこでの行いが評価のポイントになるそうです。
この様に、生産技術職としてキャリアアップを目指している人は、仕事でいかにパフォーマンスを上げるかを考えた方が良さそうです

とはいえ、資格を取得して損することはないので、知識を深める目的で資格取得を頑張ってみてもいいでしょう。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

生産技術職からのおすすめ転職先

生産技術職から異職種への転職がしやすいことは説明してきました。
では、具体的にはどこへ転職できる可能性があるのでしょうか?
結論から言うと、下記の様な転職がしやすくなるでしょう。

生産技術職からのおすすめ転職先

✔︎ 大手大企業の生産技術職へキャリアアップ
✔︎ 異職種への転職
✔︎ エンジニア派遣
✔︎ コンサルタント

大手大企業の生産技術職へキャリアアップ

まず1つ目は、大手大企業の生産技術職へのキャリアアップがおすすめです。
なぜなら、現在の会社で得られた生産技術のスキルを活かして、より待遇や給料のいい環境で働けるからです。

生産技術職の転職では、大企業へのキャリアアップが大半を占めます。
この理由は、どうせ生産技術職として働くなら、待遇や給料がよくて福利厚生の充実した企業(特に大企業)で働いた方が圧倒的にいいからです。
現役の生産技術職として働いてきた経験から、5年程度の実務経験があればある一定のスキルは備わっているはずですので、転職成功の可能性は大いにあるはずです。
あなたが今、中小企業の工場で働き方に不満を持っているのなら、生産技術のキャリアアップに挑戦しない理由はないと思います。
将来のことを考えると早めの行動がポイントになるでしょう。

異職種への転職(社内転職も含む)

2つ目は、異職種への転職がおすすめです。
なぜなら、生産技術の仕事で得た設備・設計・生産に関するスキルは他の会社でも通用するスキルだからです。

製造業の職種の中でも生産技術職は会社の利益に直結する重要な位置付けです。
そのため、他の職種に転職したとしても、設備・設計・生産のスキルを持っていて、生産の原理原則に基づいた思考力は大いに役立ちます

また、公務員の技術職への転職も可能で、転職を成功させた先輩方を多く見てきました。
転勤を心配することなく地元を拠点に生活していきたい方には魅力的な選択肢になるでしょう。

エンジニア派遣

3つ目は、エンジニア派遣会社への転職がおすすめです。
なぜなら、生産技術の特定のスキルを使って自由度の高い働き方ができるからです。

生産技術の仕事は工場の生産設備に関するあらゆる業務を行わなければならないですが、派遣の場合は特定の仕事だけをできるメリットがあります。
具体的には、生産技術職で得られた「CAD」や「プログラミング」の業務です。
私の勤める会社にも技術派遣社員が在籍しており、CADの製図をメインに行っていただいています。
自分の得意な業務だけをやり理解を深めていくことができるため、この様な働き方を希望する方にはおすすめです。
ただし、一方で待遇面や給与が正社員に比べて悪い傾向があり、転職する際は検討が必要です。

コンサルタント

4つ目は、コンサルタントへの転職がオススメです。
なぜなら、生産技術の仕事を通じて生産現場で経験したことを武器に、クライアントの要望に的確に応えることができるからです。

コンサルタントと聞くと非常に敷居が高い転職になりそうなイメージですが、最近では製造業コンサルティング企業が存在し、メーカー勤務の経験のある設計職及び生産技術職の採用を積極的に行なっているコンサル会社もあります。
生産技術職がコンサルタントになるメリットとしては、クライアント(課題解決を依頼してくる企業)に、卓上の空論ではなく実際の現場経験に基づいた解決策の提案ができる点です。
生産現場をよく理解している生産技術職がコンサルティングを行うことで、より付加価値の高い仕事が可能になるのです。

また、コンサルティング会社への転職後、実績を積むことで、技術的なスキルのみならず経営スキルも身につけることができるため、その後のキャリアパスでも有利に働くことが期待できます。

具体的な転職活動の手順

普段の会社勤めをしながら転職活動をするのは大変です。
なぜなら、日々の業務が忙しく転職活動に時間を取ることが難しいからです。
そのため、将来的に転職の意向がある人は、これから述べることを、コツコツ隙間時間に進めていくといいと思います。

まずは大手転職サイトに登録しよう

これから転職活動を始めていくなら、まずは転職サイトへの登録をしていきます。
その際、まずは大手転職サイトに絞って登録しましょう。

生産技術の転職で登録すべき大手転職サイト

この3社の共通点は圧倒的な求人数です。
多くの選択肢の中からあなたに合った求人を見つけることができます。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

職務経歴書を書いておくとオファーが来ます

上記の転職サイトに登録するだけならすぐなのですが、転職活動に手間をかけずにチャンスを掴みたいなら、会員登録後に職務経歴書を作成して、マイページにアップしておくことをお勧めします。
なぜなら、あなたの職務経歴に目をつけた企業からオファーの連絡が来る可能性があるからです。

職務経歴書の書き方の例

実際に私が転職活動をする際に作成した職務経歴書を添付しておきます。
内容は微妙かもですが、書式や書き方を参考にしてもらえればと思います。

職務経歴書の作成には少々時間がかかりますが、早めに作っておくことをおすすめします。
職務経歴書は実際に選考が始まった時に企業から提出させられる書類なので、そのときになってから慌てることがないように作成しておきましょう。
自分の日々の業務の棚卸しができたり、オファーをもらうことで自分の市場価値を再確認できたりしますので、作っておくといろいろいいことがあると思います。
自分を見つめ直すいい機会にもなります。

内定の成功率を上げるにはエージェントの利用も効果的

さらに、内定の成功率を上げるには転職エージェントの利用が効果的でおすすめです。
なぜなら、転職エージェントは、転職エージェントにしか知らない選考を進めるために有利な情報を持っているからです。
このことを知っている人は少ないと思います。
私が実際に転職活動をして、転職エージェントを利用して初めて気づきました。
私が転職エージェントを利用した時の詳しい話は下記記事で紹介していますので、転職エージェントを利用して、内定成功率を上げたい人はぜひ確認して見てください。

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生産技術職は転職しやすい職種と言えるでしょう。
なぜなら、実務で多くのスキルを習得できるため、生産技術職はもちろん他の業種・職種にも転職できて有利に働くからです。
理想的には、実務5年程度の経験・実績があれば転職しやすいでしょう。

生産技術の具体的な転職先としては、生産技術へのキャリアアップ、異業種・異職種、エンジニア派遣、コンサルタントへの転職がしやすいです。
転職先を決める際は、メリット・デメリットをよく検討の上、希望の職種を選ぶことをおすすめします。

本格的に転職活動を始める場合は、まずは転職サイトへの登録を済ませ、必要に応じて転職エージェントを利用しながら、効率的に進めていくといいでしょう。

転職活動の最初の一歩は、転職サイトに登録することです。辛い環境で耐え忍ぶより、一歩踏み出して、より充実した未来を手に入れましょう!

初めは求人情報を見ているだけでもいいですが、本格的に転職活動を始めるなら転職のプロである転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです

今の会社で満足してますか?

転職成功者の8割は知っている「転職エージェントの活用法」とは?経験者の転職ノウハウとあわせてご紹介します。

一昔前と異なり、生産技術職のキャリアパスは広がったと感じています。
以前は、生産技術で始まり生産技術で終わるという職業人生だったかもしれませんが、現在は志をもって努力すれば、年収アップも期待でき理想のライフスタイルと手に入れることも不可能ではなくなりました。
今の少しの努力が将来的には大きな意味を持っているかもしれません。

クルマの費用を節約したいあなたに朗報!

■14年落ちの愛車を24万円お得に売却できた体験談はコチラ
車買取一括査定サービスを使用してみたら予想以上の高額査定をいただいて…

■保険料を年間4万円以上安くできた秘密はコチラ
自動車保険一括見積もりサービスを利用したら補償内容を変えずに保険料を年間7万円から3万円に節約できました!